ロイズ2014年中間決算で16億7000万ポンドの利益を計上

PR TIMES / 2014年9月29日 12時18分

世界的な保険・再保険専門市場であるロイズは本日、2014 年中間決算(2014 年1 月1 日~2014 年6 月30 日)で16 億7000 万ポンドの利益(前年同期比21%増)を計上したことを発表しました。 前年同期と比べて業績は改善しているものの、市場環境はますます厳しいものとなっています。

2014年9月25日 (英国時間)
ロイズ2014年中間決算で16億7000万ポンドの利益を計上

-税引前利益:16億7000万ポンド(2013年中間実績:13億8000万ポンド)
-資本収益率:16.5%(2013年中間実績:14%)
-運用収益:6億4200万ポンド(2013年中間実績:2億4700万ポンド)
-コンバインドレシオ:88.2%(2013年中間実績:86.9%)と競合社を凌ぐ
-巨大災害の不在も幸い
-フィッチによる格付は6月に 'A+'から'AA-'に引き上げ

世界的な保険・再保険専門市場であるロイズは本日、2014 年中間決算(2014 年1 月1 日~2014 年6 月30 日)で16 億7000 万ポンドの利益(前年同期比21%増)を計上したことを発表しました。 前年同期と比べて業績は改善しているものの、市場環境はますます厳しいものとなっています。

フィッチでは6月にロイズの格付を'AA-'に引き上げ、その根拠としてアンダーライティング面におけるロイズの優れた管理・監督、ならびにソルベンシーII対応の一環としてロイズが行ったリスク・エクスポージャ―管理への投資を挙げています。

ロイズの最高経営責任者(CEO)インガ・ビールは次のように語っています。
「これはロイズにとって満足すべき中間決算であり、その大部分が市場のアンダーライティングの専門性によるところです。ロイズは堅牢な管理・監督体制と財務基盤を兼ね備えつつイノベーションを持続しており、厳しい市場環境の中でも良好な経営を確保しています。」

ロイズ会長ジョン・ネルソンは次のように語っています。
「この中間決算は競争が激化している市場環境を考慮すれば、とりわけ満足すべき実績と言えます。ロイズの財務状況は依然として堅実であり、この強固な基盤のおかげでロイズは成熟市場、成長市場のいずれにおいても一層の拡大に向けて優位な立場を維持しています。」


業績一覧
2014年中間決算/2013年中間決算
利益*1: 16 億7000 万ポンド/13 億8000 万ポンド
総収入保険料: 148 億6000 万ポンド/155 億ポンド
コンバインドレシオ: 88.2 %/86.9%
運用収益率*2: 1.3%/0.5%
資本収益率*3: 16.5%/14.0%

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング