はたらく人のネット印刷「ラクスル」とエス・エム・エスが業務提携

PR TIMES / 2014年7月18日 15時57分

中小介護事業者向けに印刷サポートサービスを提供

 ラクスル株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松本恭攝)は、介護・医療のサービスを手掛ける株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤夏樹)と業務提携し、同社が提供する介護事業所の新規開設を全面的にサポートする「カイポケ開業支援サービス」の一つとして、ラクスルが運営するはたらく人のネット印刷「ラクスル」( http://raksul.com/)を利用できるように致しました。今回の業務提携により、中小介護事業者の販促物における印刷のニーズを一手に担い、さらなる業績の拡大を図ってまいります。

【サービス開始の背景】
 介護事業所の開設にあたり、運営に必要な名刺や封筒、また事業所のPRに必要なチラシ、パンフレット、看板など、多くの印刷物を準備する必要があります。エス・エム・エスが実施したこれらの印刷物の準備に関するアンケートでは、約6割の事業所が「コストを削減したい」と回答しています*1。また、同アンケートより、印刷にかかる費用についてバラつきが生じていることから、最良な印刷会社を選定することについても苦戦していることが見受けられます。

 これらの課題を解決すべく、ラクスルとエス・エム・エスが業務提携を行い、中小介護事業者がスムーズに立ち上げを実現できる環境を整え、また、依然として厳しい介護事業所の経営を支援したいという考えから今般のサービス開始に至りました。

*1:カイポケ会員向け「事業所運営に必要な印刷物に関するアンケート」(n=333)


【印刷サポートサービスについて】

 エス・エム・エスは、中小介護事業者の業務効率化及び財務状態の改善を行う総合的な経営支援サービス「カイポケ経営支援サービス」と介護事業所の開業を支援する「カイポケ開業支援サービス」を提供し、介護事業の開業からその後の運営の安定化までを、一気通貫でサポートしています。今回提供を開始した「印刷サポート」は、「カイポケ開業支援サービス」の一環としてラクスルの印刷eコマースサイトを利用できるようにするものです。

 ラクスルのサービスは、利用者の所在地や印刷物のサイズ、部数、種類、納期をもとに、自動的に最適な印刷会社を選定するため、介護事業者が印刷会社の選定に迷うことなくスムーズに印刷の発注~納品までを行うことが可能になります。印刷需要は恒常的にあるため、新設の事業所(年間約5,000拠点)だけでなく、既存のカイポケ会員(全国17,500以上)にも提供します。


【はたらく人のネット印刷「ラクスル」概要】

 ラクスルは自社で印刷機を持たず、全国の印刷会社と提携し、各社の保有設備をネットワーク化することにより、「仮想的」に印刷機を保有しています。ラクスルのeコマースサイト上で受注した印刷物を、印刷物のサイズ、種類、納期に応じて最適な印刷会社に発注し、印刷を行っています。印刷機の非稼働時間を利用して印刷を行っていることと、複数の注文をまとめて印刷することによる版代のシェアと大量印刷によるコスト削減を実現し、小ロットから大ロットまで高品質な商品を低価格でご提供しています。2013年3月にサービスを開始し、会員数は約4万人にのぼります(2014年6月末時点)。


【ラクスル株式会社 会社概要】

所在地:東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門5森ビル3階

代表者:松本恭攝

設立日:2009年9月1日

資本金:18億円

URL: http://raksul.com/


【株式会社エス・エム・エス 会社概要】

所在地:東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー

代表者:後藤夏樹

設立日:2003年4月4日

資本金:3億391万円

URL: http://www.kaipoke.biz/


※本件に関するリリースは、株式会社エス・エム・エスと共同で配信しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング