IC市場のリーダーであるMstarが世界初のDivX HEVC Ultra HD認証デジタルテレビ用チップを供給、4Kの採用を促進

PR TIMES / 2014年9月5日 14時50分

業界をリードするDivX HEVCソリューションにより、家庭用の高性能な4Kビデオ再生が実現

米国カリフォルニア州サンディエゴ、2014年9月4日 - 次世代デジタルビデオソリューションのリーディングプロバイダーであるDivX, LLC(本社: 米国カリフォルニア州サンディエゴ)、および半導体ソリューションの世界的イノベーションリーダーであるMStar Semiconductor, Inc.(以下、MStar)は、MStarのテレビ用HEVC SoCがデジタルテレビ用チップとして世界初のDivX(R) HEVC認証を取得したことを発表しました。これにより、高性能な DivX HEVC Ultra HD(4K)ビデオの再生が可能になります。



DivX, LLCのCEO、Kanaan Jemili(カナーン・ジェミリ)は、次のように述べています。「世界初のDivX HEVC Ultra HD認証チップをスマートテレビメーカーに供給することで、MStarは4Kビデオの世界的普及を促進します。DivX HEVCテクノロジーは、次世代のデジタルテレビに理想的な卓越した効率性と高品質を併せ持つ4Kビデオ体験をコンシューマーに提供します。」

MStarは、市場シェアならびに知的財産におけるテレビ向けシステムオンチップ(SoC)の世界的な市場リーダーです。MStarのソリューションが提供する最新テクノロジーには、高度な画像処理エンジン、統合型多目的オーディオおよびビデオコーデックサポート、統合型高性能CPU/GPUなどがあります。

MStar Semiconductor, Inc.のコーポレートソフトウェアマーケティング部門長、Bill Hsiung氏は、次のように述べています。「DivX認証を取得したHEVC Ultra HDチップをはじめとし、私たちはデジタルテレビ市場向けの包括的な4Kソリューションをメーカーに提供することに尽力しています。最初のHEVCデコーディングソリューションのひとつが、コンシューマーによって日々作成されている大量のDivX HEVC Ultra HDビデオの再生を可能にすることを嬉しく思います。」

DivXのエンドツーエンドのHEVCソリューションは、ビデオ配信業界における最新圧縮規格の採用を推進します。DivX HEVC認証機器は、多言語字幕とオーディオトラック、スムーズな早送りと巻き戻しを可能にするトリックプレートラック、素早いシーンナビゲーションのためのチャプターポイント、および複数機器間でのレジューム再生など、高度なメディア再生機能に対応します。DivX 10ソフトウェアおよびMainConcept HEVC SDKは、Ultra HDTV誌の「2014年最優秀Ultra HDコーデック」賞を受賞しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング