日本の大手インターネット広告代理店4社、時代の波に乗りAarki, Inc.のリッチメディア事業を促進するAarki Encoreを導入

PR TIMES / 2014年12月18日 15時18分

シリコンバレー発の動画広告やインタラクション広告クリエイティブの配信が日本のインターネット広告代理店経由で可能に

日本の大手広告インターネット代理店である、株式会社セプテーニ(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光紀) 、GMO TECH株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木 明人)、株式会社オムニバス(所在地:東京都目黒区、代表取締役CEO:山本 章悟)、株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端 伸一郎)の4社(順不同)がAarki, Inc.(所在地:カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO:Sid Bhatt、以下Aarki)のモバイルクリエイティブ最適化&メディアバイイング ツールで今までにないインタラクティブ広告フォーマットを日本で実施し、広告の最適化を計ることを開始する事を決定しましたので、本日発表致します。

アドバタイジングの最先端に立つ大企業として、この4社は常に最新のモバイルテクノロジーを事業に組み込んできました。Aarkiとのアライアンスにより、今までにない刺激的な広告マーケットが切り開かれるかと思われます。IAB(Internet Architecture Board)の影響により、市場ではネイティブ・RM・動画広告の基準を定める動きがあります。広告基準により、代理店はすべての広告に共通のクリエイティブ制作・配信ツールを利用できるようになり、動画広告やインタラクティブ・アドバタイジングの経営費を削ることができます。

この発表の数ヶ月前、Aarkiは本社のクリエイティブ制作・メディアバイイング・広告最適化プラットフォーム・Aarki Encoreの日本版をローンチしました。SV Frontier、株式会社インタースペース、Scrum Venturesを含む日本の大手企業の投資より実現しました。

AarkiのCEO・Sid Bhatt氏は以下のように述べました。

「この大手インターネット広告代理店とのパートナーシップ結成を心より歓迎しています。日本の消費者はモバイル広告に、より高いインタラクティブ性を求めており、アドバタイザーはその要求に見合うフォーマットの広告を効率良く制作する必要があります。Aarkiのパートナーならば分単位で消費者を引き込む充実したモバイル広告を制作できます。」
現在英語、日本語、及び中国語で利用可能なAarki Encoreは魅力ある動画やコンテンツをベースにした広告の卓越したモバイル配信を提供します。このウェブベース・プラットフォームの充実したドラッグ&ドロップ式のウィジェットを使用し、クリエイティブチームは分単位でアイディアを実現でき、広告の成果をリアルタイムでトラッキングできます。アニメーション・タイムライン、動画のフレームシーケンス化、広告のゲーム化等の機能がスッキリとしたUIや使い慣れたキーボードショートカットと組み合わさり、ハイクオリティな広告の制作をサポートします。消費者のインタラクションがリアルタイムで計測されているため、代理店はクリエイティブの最適化をそのまま行うことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング