JDAとIBMのコラボレーションにより魅力的な顧客体験を促進する最先端のオムニチャネルフルフィルメント機能を提供

PR TIMES / 2014年11月17日 10時12分

顧客満足度と収益向上を実現するインテリジェントな調達、フルフィルメント、オーダー管理機能を小売企業、卸売企業、製造企業に提供

* 本プレスリリースは、2014年11月11日、米国発のプレスリリースの抄訳です

JDAソフトウェアグループインクおよびIBM(NYSE: IBM)は本日、最も効率的で投資対効果の高い方法でインテリジェントな処理と注文の履行を行うことで魅力的な顧客体験を実現するソリューションを提供するための取組みを発表しました。IBMとJDAの両社は、企業がリアルタイムで最善の調達方法を選択し、可能な限り最高のショッピング体験を顧客に提供できる統合オムニチャネルサプライチェーンを提供します。



今日の小売企業、卸売企業、そして製造企業は、「必要な物を必要な時に自分が選んだチャネルから最安値で購入したい」という消費者の要求に応えなければならない課題に直面しています。「オンラインで購入した商品を店頭で受取る」というように、多くの消費者が最新の配送方法を求めるに従い、企業は顧客の期待に応えるため、多数のチャネルで柔軟な選択肢を提供しなければならないというプレッシャーにさらされています。企業は、サプライチェーン全体をダイナミックに把握する視点を持たない限り、静的情報に基づいた断片的な意思決定をせざるを得なくなり、結果としてフルフィルメントプロセスや出荷方法や在庫水準が無用なものになってしまいます。

JDAとIBMによる新しい取り組みでは、把握したオーダー全体やオーダー管理を、精度が高い小売計画、効率的な労働生産性、およびインテリジェントなフルフィルメントと同期化することで前述の課題を解決する総合的アプローチを提供します。JDA Intelligent FulfillmentやLabor ProductivityソリューションをIBM Commerce and Order Management ソリューションと組み合わせることにより、在庫費や人件費も含めた真のオーダー調達コストが明らかになり、企業は高い対応力で在庫調整やリソース配分を行い、純利益を確保しつつ顧客の期待に十二分に応えることが可能になります。自社での実装もIBMの高性能クラウドSoftLayer上での実装も可能なこのソリューションは、2015年晩春にIBMの110を超えるSaaSアプリケーション ポートフォリオに仲間入りする予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング