日本経済新聞社と米エバーノートが資本・業務提携し、コンテンツ自動配信サービスを発表

PR TIMES / 2014年11月10日 14時39分

日経電子版と連動、ビジネスパーソンに役立つ情報を提供

 日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:喜多恒雄)と、インターネット上に文書や写真などを保存・共有するサービスを提供するエバーノート(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、CEO:フィル・リービン)は2014年11月10日、資本・業務提携することで基本合意しました。日経はエバーノートに2,000万ドルを出資します。提携第一弾として、エバーノートと『日本経済新聞 電子版』の双方のサービス上で、キーワードや文脈にマッチしたコンテンツをタイムリーに自動配信する機能を提供します。日経は今回の提携を通じ、「情報を伝える」だけでなくビジネスシーンで、より「仕事に使える」ツールとしても進化していきます。



 日経はデジタル事業を成長の柱のひとつと位置づけており、主力媒体の日経電子版は来年、創刊5周年となります。これまではニュースやコラムを読むための機能を充実させてきましたが、今回の提携でビジネスパーソンが情報を収集・分析したり、資料を作成したりする作業をサポートする、ビジネスで使うツールとしての機能を強化します。エバーノートは文書や写真など あらゆる情報を保存し、必要なときに簡単に取り出したり共有したりすることで個人や組織の生産性を上げるクラウドサービスを提供しています。日経とエバーノートが手を組み、ビジネスパーソンにとって必要な情報を必要な時に、検索なしで提示する機能を共同で開発します。

 まず2015年初頭から、エバーノートの利用者が作成する文書の内容に応じて、関連する日経電子版のコンテンツを自動的にエバーノート上に配信する「コンテキスト」サービスを始めます。日経電子版に掲載されている朝刊、夕刊のほか電子版の独自記事などが対象です。自動配信されたコンテンツは簡単にエバーノート内に保存したり、文書作成時に引用したりすることができます。日経電子版を読む際には、利用者本人が過去に作成・保存したものや、グループで共有したエバーノート内の文書から、閲覧中の記事に関連するものを自動的に電子版上に表示する機能も順次提供します。こうした連携機能は、日経、エバーノート双方の有料会員を対象に提供します。

 この連携機能は、ビジネスパーソンが仕事を効率的に進める助けとなります。たとえば、エバーノートで業界レポートやプレゼンテーション資料を作成している際に、その業界のニュースやデータに関する電子版のニュース記事が表示されるので、資料作成の大きな助けとなります。日経電子版で企業ニュースを閲覧しているときには、エバーノートに蓄積した取引先の名刺や競合の製品情報があらわれ、営業のサポートにもつながります。双方の関連情報は利用者が検索することなく、文脈やキーワードを解析して、自動的に表示されます。こうした機能は使えば使うほど、自分に適した情報を得られるようになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング