1999年発売当時2ヶ月で100万個を記録!KATE フラッシュクラッシュ 復刻版と進化版が限定で発売 80・90 年代のファッショントレンドが再燃中 伝説のアイシャドウが9年ぶりにリバイバル新発売!

PR TIMES / 2014年10月22日 11時49分

読者モデルが体験「懐かしいのに、今のトレンドにぴったり!」

株式会社カネボウ化粧品(本社・東京都中央区)は、メイクアップブランド「KATE」より、1999年の発売から6年間に渡り爆発的なヒットを記録したアイシャドウ、「フラッシュクラッシュ」の復刻版、数量限定「ケイト フラッシュクラッシュRE」と、進化版、店舗限定「ケイト フラッシュクラッシュNEO」を全国のドラッグストア等にて限定発売します。
(ウェブサイト:http://nomorerules.net/)



トレンドに敏感な読者モデルがメイク体験!

 2014年の秋冬のファッショントレンドのひとつに「1980年代・90年代への回帰」があり、小物のテイストや質感など、数多くのリバイバルが見られ ます。例えば、ボディコンやタイトスカートは、ペンシルスカートに。サイドバッグはクラッチバッグにといった具合に、呼び名や形は少し変わりつつも、その テイストがトレンドに取り入れられています。
 日本において、独自のファッションが花開いた時代。そして、かっこいい、クールなテイストがトレンドだった時代、それが1980年、90年代でした。
 “ギャル”や“コギャル”と呼ばれた女子高生や若い女性が注目を集め、ギャル雑誌の創刊が相次ぎました。ギャルの情報発信力が強くなり、彼女達が絶賛し たプリクラ、たまごっち、PHSなどの商品が次々にブレイクしていき、ギャルが社会に与える影響が大きくなっていきました。
 その時期、メイクアップ市場で一世を風靡したアイシャドウがありました。それは「KATE フラッシュクラッシュ」。今ではすっかり定番となったパレット型のアイシャドウが当時はかなり斬新なデザインでした。また3色の絶妙な色バランスに加え、 さらにグロスで仕込むラメ感が新しいと、女性たちに熱狂的なブームを巻き起こしました。
 そんな「フラッシュクラッシュ」が、1980年代・90年代のリバイバルブームに合わせて限定復活するという嬉しいニュース!
 その当時「全色持っていた」という、現在でもフリーランスのPRとして活躍し、トレンドに敏感な読者モデル栗原佐知子さんが、一足先にカネボウ化粧品美容研究所の担当に今のトレンドにあったメイクテクを教わりながら、メイクを体感しました。
 栗原さんは「いつもより目にインパクトが出て、とても華やか。」などと感想を語りました。

-------------------------------------------------------------------------------------
■KATEとフラッシュクラッシュについて
-------------------------------------------------------------------------------------
 KATEは1997年にブランドデビュー。
 当時、それまでは百貨店で化粧品を買うのが主流だったのが、ドラッグストアで化粧品が手軽に買えるように。ドラッグストアでの人気ブランドの一つが、KATEでした。
 メイクアップを中心にベースメイクまで、トレンドの一歩先を行く高機能を備え、初心者でもメイクが簡単にできるブランドとして、幅広い年代から大きな支持を得ています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング