各大学のあるあるコーデとは?ドコモキャンフェス2017で実施されたファッションショーで、共感の嵐!現役大学生とともに作った10大学の平均ファッションコーディネート発表!

PR TIMES / 2017年2月28日 11時54分

~山賀琴子さん、流れ星さん出演のキャンフェス2017事後レポート~



[画像1: https://prtimes.jp/i/24186/2/resize/d24186-2-486323-0.jpg ]

 株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下「NTTドコモ」)は、大学生の、大学生による、大学生のためのイベント「ドコモ presents キャンフェス2017」
(URL:https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/d_event/index.html)を2017年2月27日(月)に渋谷のTSUTAYA O-EASTにて開催いたしました。
 キャンフェス2017にて実施された首都圏10大学の「平均ファッションショー」では、各大学の学生のあるあるコーデを中央大学は登山通学のためスニーカー女子が多数、慶應ボーイはモノトーンが好みといった内容をラップに乗せて紹介し、大いにオーディエンスの共感を得ました。
 この度、その「平均ファッションショー」で紹介された首都圏10大学(青山学院大学、中央大学、東京大学、明治大学、フェリス女学院大学、大妻女子大学、武蔵野美術大学、東京理科大学、早稲田大学、慶應義塾大学)のあるあるコーデについてリサーチし、その特徴を本日発表いたします。

■大学別あるあるコーデとは
 「平均ファッションショー」は、ドコモのサービスの1つである「d fashion」の若者向けキャンペーンとして企画されたコンテンツです。独自で選出した首都圏10大学(青山学院大学、中央大学、東京大学、明治大学、フェリス女学院大学、大妻女子大学、武蔵野美術大学、東京理科大学、早稲田大学、慶應義塾大学)それぞれの平均ファッションを事前のリサーチで抽出しました。
 平均ファッションの抽出方法は、定量アンケートと座談会を通して行いました。定量アンケートでは、各大学100名を超える学生が回答。それぞれの大学で見られるファッションについて、身につけるアイテムやよく読む雑誌、ファッションにかける金額などを綿密にヒアリングしました。さらに各大学の学生達と2時間以上に渡る座談会を通じ、各大学のファッションの特徴や、他大学のファッションのイメージを入念にリサーチし、各大学の平均ファッションをまとめました。

・青山学院大学

[画像2: https://prtimes.jp/i/24186/2/resize/d24186-2-279380-9.jpg ]

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング