アジュールパワーIoT位置情報利活用プラットフォーム「位置情報追跡ソリューション」の提供を開始

PR TIMES / 2018年2月7日 12時1分

Power IoT PlatformとGPSトラッカーを利用した各種ソリューションにご活用いただける位置情報利活用プラットフォームです

アジュールパワー株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長 橋口 信平、以下アジュールパワー)は、CYBERDYNE Omni Networks社製GPSゲートウェイ端末「Acty-G1」を使用したIoT位置情報利活用プラットフォーム「位置情報追跡ソリューション」をリリースいたしました。「位置情報追跡ソリューション」はアジュールパワーが運用するAzureを活用したIoTプラットフォーム「Power IoT Platform」と、GPSゲートウェイ端末を利用し、精度の高い位置情報を可視化できる位置情報利活用プラットフォームとして、様々な用途のソリューションにご活用いただけます。



【位置情報追跡ソリューションの特長】
・「簡単・安心」モノにGPSトラッカーを設置するだけで使える閉域SIMで安全に
・「位置情報が視える」ウェブ画面ですぐにモノの位置が視える
・「管理が簡単」GPSトラッカー、SIMの情報を一元管理できる
・「ルール(しきい値)設定」で、アラートの送付や他のデバイスを制御することができる

[画像1: https://prtimes.jp/i/31528/2/resize/d31528-2-601897-3.jpg ]


様々な用途のソリューションに利活用いただける位置情報プラットフォームです>
・トラック・自動車・自転車等車両全般の位置確認に
・現金輸送などのセキュリティー輸送に
・カーゴ台車・パレット・建設機械・コンテナの位置確認に
・冷蔵・冷凍品の輸送に
・医薬品の輸送に
・レンタル物品の追跡に
・車いす
・子供の見守りなど、
位置情報をタイムリーに確認したいソリューションに利活用いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31528/2/resize/d31528-2-851043-1.jpg ]


【Power IoT Platformについて】
Power IoT Platform は、Microsoft Azure上で動作する、拡張性、可用性、柔軟性の高いクラウドネイティブなIoTプラットフォームです。
IoTデバイスをクラウド環境へ、安価に安全に閉域接続できる専用SIM、デバイス認証、プロトコル変換、そしてデバイス管理まで、IoTの導入・運用に欠かせない基本機能を提供し、SaaS環境やお客様のAzure専有環境上で、ワンストップかつ短期間でデータ活用可能なインフラを構築いたします。
またMicrosoft製品との親和性も高く、センサー情報を自在に可視化・分析できるBIツール「Microsoft Power BI」との連携機能やそこで得られる洞察をもとに、API連携機能でPaaS上に業務システムを安価にスピード開発することが可能となります。
また、Microsoft Cognitive ServicesやAzure Machine LearningなどのAI・機械学習サービスとの連携もスムーズです。
Power IoT PlatformはIoT分野におけるエコシステムを構築し、新しいビジネスモデルの創造にご活用いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング