ブロックチェーンを用いた仮想競馬ゲーム、「EtherDerbies」ベータ版リリース!

PR TIMES / 2018年10月9日 9時40分

ブロックチェーン関連アプリケーション開発を行う株式会社 atmosphere(本社:東京都目黒区、代表取締役:藤城健之介、以下、atmosphere)は、9日、新作ブロックチェーンゲーム、「EtherDerbies」ベータ版( https://etherderbies.com/)を Ropsten Network でのリリースをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/38081/2/resize/d38081-2-571758-0.png ]

【ゲーム概要】
『EtherDerbies』は、手軽に遊べる仮想競馬ゲームです。
様々な競走馬を集めて図鑑をコンプリートしたり、競走馬をトレーニングさせてレースやカップで優勝しましょう!

<競走馬を集めよう>
競争馬は無料ガチャやゲーム内通貨の「にんじん」を使用して有料ガチャを回すか、馬取引所にて購入をして獲得することができます。
また、レア度の異なる 52 種類の馬が存在します。


[画像2: https://prtimes.jp/i/38081/2/resize/d38081-2-555700-5.png ]


<3 種類のレース>
1. 「レース」には「にんじん」を支払ってエントリーができ、優勝すると馬の成長値と総取りで「にんじん」を獲得できます。
2. 「カップ」は誰でも自由に開催でき、誰でも「にんじん」を使用して出場する馬に投票ができます。もし投票した馬が勝利した場合は配当として「にんじん」を貰うことができます。
3. レースやカップでの勝利数が溜まると「トライアル」に挑戦でき、
トライアルで勝ち進むとレアガチャが引ける等のチケットが付与されます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/38081/2/resize/d38081-2-955857-3.png ]

<トレーニングしてレースやカップで優勝しよう!>
競争馬は「にんじん」を消費することでトレーニングができます。なお、馬の種類によってレース等で上昇する成長値の幅やレベルの限度が違っています。
個体値の数字の大きさは優勝しやすさと関係しますが、ランダム性も設計されているので限界までトレーニングした最高の馬がいつも優勝するとは限りません。

<バッジを集めよう>
バッジが 9 種類存在し、図鑑の完成度合いやトライアルの制覇数に応じて付与されます。
バッジはプレイヤーのアイコンとしても利用することができ、一目で達成度を表現することができます。
バッジを全て揃えると完全クリアとなります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/38081/2/resize/d38081-2-879366-4.png ]


<無料トライアルでにんじんマイニング>
トライアルでは無料で何回も出場できる無料トライアルが存在し、そこで勝利すると「にんじん」を獲得できます。ここで地道に「にんじん」を貯めることも可能です。

<技術面>
EtherDerbies ベータ版は Ethereumのブロックチェーン上(Ropsten Network)にて動いており、遊ぶには Metamask と連携した Ethereum ウォレットが必要になります。
一つ一つの競走馬キャラクターは ERC721 トークンとしてそのウォレット内にて保存されます。


その他、EtherDerbies の詳細については、下記の公式サイトおよび Twitter にて、随時、情報を公開してまいります。
公式サイト: https://etherderbies.com
Twitter アカウント: https://twitter.com/etherderbies

◆会社概要
法人名/株式会社 atmosphere
代表/藤城健之介(代表取締役)
所在地/東京都目黒区青葉台 4-5-12 a place203
事業内容/
・ブロックチェーンを用いた自社アプリケーション開発、運営
・ブロックチェーンを活用したシステム開発及びコンサルティング事業
設立/ 2018 年 5 月 7 日
コーポレートサイト/ https://atmosphere-corp.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング