「ダンプリングタイム 餃子時間」サンフランシスコ発のモダン点心レストラン日本初出店、2019年1月22日(火) 渋谷ヒカリエにオープン!

PR TIMES / 2019年1月16日 11時40分

SF本店人気No.1のストローでいただくキングダム(特大小籠包)や餃子の故郷「西安の餃子」を再現したメニューも。

アイエムエムフードサービス株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長 CEO:河村 征治)は、日本初出店となるモダン点心レストラン「ダンプリングタイム 餃子時間」を、2019年1月22日(火)に「渋谷ヒカリエ」6階にオープンします。「渋谷ヒカリエ」開業以来初となる6・7階カフェ&レストランフロアのリニューアルに伴うオープンとなります。“働く女性”を意識しフロア空間も一新され、「渋谷ヒカリエ」の新たな注目スポットに。



「ダンプリングタイム 餃子時間」は、サンフランシスコ発の全てハンドメイドで創る小籠包と西安餃子の専門店です。SF本店は、現地の欧米人を中心に人気で毎日行列ができる繁盛店です。色鮮やかな点心は餃子発祥の地とも言われる西安の餃子レシピがベースとなっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/38422/2/resize/d38422-2-587429-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/38422/2/resize/d38422-2-790293-4.jpg ]



Point1「世界的IT企業が立ち並ぶエリアで連日大行列をつくるSF本店」

「ダンプリングタイム 餃子時間」本店は、サンフランシスコで数々の世界的IT企業が立ち並ぶSFデザインディストリクトに位置しています。その中心で活躍する外食企業ORGの創業者Kash氏は、中国西安から17歳で渡米し、レストラン業界で働きながらノウハウを身につけ独立。ミシュラン寿司店OMAKASEを含め数々のヒット店を生み出しています。中でも現地で人気のダンプリングタイムは毎日行列の繁盛店の一つです。色鮮やかな点心は彼の起源である西安の餃子がベースとなっています。

Point2「インスタで火がつき、メディアで話題に」

ダンプリングタイムで提供される点心は、その数の豊富さと色の鮮やかさで有名な西安餃子をベースにしています。また、アメリカの感覚でカラフルな野菜や飾り付けを施して仕上げられる点心たちは、地元の人々に視覚的にインパクトを与え、インスタグラム等で拡散され、人気となりました。目の前で手作りで仕上げられる本格的な小籠包や餃子をその場で鮮やかな色合いとともに食べられる、その楽しいコンセプトが評価され、サンフランシスコの多くのメディアに取り上げられ、今では定番の人気となっています。

Point3「アメリカンクラフトビール&点心の新しい組み合わせ」

ハウスビールであるサンフランシスコのアンカークラフトビールなどアメリカ西海岸のビールを中心に常時6種類以上のビールを用意しています。中でも、港町サンフランシスコ発祥のアンカービールは、モルトの旨味がしっかりしていて、一般的なスッキリとしたアメリカンビールとは一味違います。のどごしにはキレがあり、深みもあるので、肉をメインとする点心によく合います。

Point4「常設のアートインスタレーション 」

店内には、サンフランシスコ在住のアーティスト、リア・ローゼンバーグ氏のアートインスタレーションが印象的に壁一面を覆っています。サンフランシスコ国際空港やサンフランシスコ現代美術館(SFMoMA)の壁面アート等で知られるローゼンバーグ氏のアートインスタレーションを常設展示しています。サンフランシスコの自由な空気感を独特な色使いで表現しています。


 <リア・ローゼンバーグ氏 公式HP>
  http://www.leahrosenberg.com/


[画像3: https://prtimes.jp/i/38422/2/resize/d38422-2-792411-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/38422/2/resize/d38422-2-477914-0.jpg ]



Point5「インターナショナルな世界都市としての”SHIBUYA”」

マリーナベイ・サンズで有名な「CE LA VI (セラヴィ)」など海外ブランドの進出が決まっていたり、IT企業なども多く入り、変わりゆく渋谷がSF本店のデザインディストリクトの立地とシナジーを感じる部分が、オーナーのKash氏にはあり、日本初出店の地を渋谷に選びました。(本人談)


[画像5: https://prtimes.jp/i/38422/2/resize/d38422-2-326390-17.jpg ]


本店サンフランシスコ人気No.1。
大きな小籠包を肉汁をストローでそのまま頂くジューシーで
楽しい一品です。


[画像6: https://prtimes.jp/i/38422/2/resize/d38422-2-209634-18.jpg ]


西安の伝統餃子レシピを元に再現され、
生地にほうれん草を練り込んだ、彩りも鮮やかな一品です。


[画像7: https://prtimes.jp/i/38422/2/resize/d38422-2-209817-19.jpg ]


北京の代表的な料理で、オリジナルレシピの豚ひき肉をトッピング。
お好みでチリオイルを加えて味の変化を楽しめる麺料理です。


■参考ホームページ
<Dumpling Time in SF(ダンプリングタイム本店公式HP)>
https://www.dumplingtimesf.com/

<The Best Dim Sum in San Francisco(サンフランシスコで最高の飲茶店)>
http://www.sfweekly.com/dining/feature-dining/the-best-dim-sum-in-san-francisco/

<San Francisco Chronicle(アメリカの日刊新聞)>
https://www.sfchronicle.com/restaurants/diningout/article/Popular-Dumpling-Time-brings-a-party-to-your-11958408.php


■「ダンプリングタイム」店舗概要

オープン日:2019年1月22日(火)
住所   :東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 6F
電話番号 :03-6450-6030
座席数  :70席
営業時間 :11:00~23:00
     (LOフード22:00 ドリンク22:30)
     【定休日】 年中無休(渋谷ヒカリエに準ずる。)

■会社概要
アイエムエムフードサービス株式会社
本社  :石川県金沢市森山1-2-1
設立  :2011年6月
代表者 :代表取締役社長 CEO  河村 征治
事業内容:飲食店の経営、飲食店のトータルプロデュース
URL  : http://immfoodservice.com/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング