Yahoo! JAPAN - クラウドネイティブに移行してイノベーションを推進するため、Dynatraceのサービスを利用

PR TIMES / 2019年9月24日 10時0分

クラウドネイティブなアプリケーションのパフォーマンスを可視化するためのソフトウェアインテリジェンスプラットフォーム

ソフトウェアインテリジェンスカンパニーのDynatraceは本日、Yahoo! JAPANがDynatraceのAIを搭載したソフトウェアインテリジェンスプラットフォームを採用したことを、ここにお知らせします。Yahoo! JAPANは、月間約4800万のログインユーザーIDに、インターネットショッピングからニュースサイトやオンライン検索など100種類以上のウェブベースサービスを提供しています。複合環境で実行されているこうしたサービスでは、月間760億回以上のページビューが発生しています。Yahoo! JAPANは、KubernetesやPivotal Cloud Foundryを利用したマイクロサービスアーキテクチャに移行しながら、Dynatraceを活用してクラウドネイティブなアプリケーションのパフォーマンスを可視化していきます。

「当社は、イノベーションを推進し、開発効率やシステムのレジリエンスを向上させるため、クラウドネイティブなアーキテクチャに移行しています」とYahoo! JAPANの戸成拓也氏は言います。「しかしクラウドネイティブなアーキテクチャに移行すると、システムが急速に複雑化してパフォーマンスを維持しながら運用することが困難になります。そのため、アプリケーションの関係性やパフォーマンスを可視化できるソリューションが必要でした。Dynatraceは、卓越したデジタルエクスペリエンスをお客様に提供するのに必要なアプリケーションの可観測性と、パフォーマンス改善のためのデータを提供してくれます。」

「最適なソリューションを求めてAPMツールやインフラストラクチャ専用ソリューション、オープンソースソフトウェアなどいくつかの選択肢を検討しました。トライアルを通して、動的に変化する環境を自律的に監視し、十分なスピードでスケールできるDynatraceの機能がマイクロサービスの健全性とパフォーマンスを継続的かつシームレスにモニタリングするために有効であることを見出しました。なにか問題が発生した場合に、根本原因分析を提供してくれる機能も強みです。」

「Dynatraceの高機能なAIエンジンであるDavisを活用すれば、Yahoo! JAPANのエンタープライズクラウド環境をリアルタイムで分析できるとともに、なにか問題が発生した場合、それを解決するための適切な解決策や見識を得ることができます。これにより、シームレスなカスタマーエクスペリエンスを提供できるようになるため、このDavisも不可欠であると確信しています」とDynatrace Japan 森田栄治氏は言います。

「さらにNoOpsアプローチによってマーケットを変革しようとしているDynatraceと、迅速なスケーリングやクラウド内での信頼性の高い運用をより高いレベルで実現するために両社は協力できるでしょう。」と戸成拓也氏は語ります。

2019年10月17日に開催されるPerformGo! Tokyoでは、Yahoo! JAPANより、ヤフーのクラウドネイティブへの取り組みとDynatraceの導入について講演する予定です。イベントの詳細および参加のお申し込みは下記リンクよりご確認ください:
https://www.dynatrace.com/ja/perform-go/apac/tokyo/


Dynatraceについて

Dynatraceは、ソフトウェアインテリジェンスを提供することにより、複雑なエンタープライズクラウドを簡素化し、デジタルトランスフォーメーションを推進します。 AIと完全自動化を備えた当社のオールインワン型プラットフォームは、アプリケーションのパフォーマンス、基礎となるインフラストラクチャ、全ユーザーのエクスペリエンスに関するデータだけではなく、解決策も提供します。そのため、世界有数のエンタープライズ企業がDynatraceを信頼しそのサービスを利用することで、エンタープライズクラウド運用のモダナイズと自動化、優れたソフトウェアの迅速なリリース、比類ないデジタルエクスペリエンスの提供を実現しています。

エンタープライズクラウドを簡素化する方法について関心がありますか? それならば当社のトライアルページを訪問し、Dynatraceのサービスを15日間無料でお試しください。

貴社に役立つDynatraceのサービスについては、 https://www.dynatrace.comや当社blogをご覧ください。また、Twitter @dynatraceをフォローしてください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング