国立大学法人東京学芸大学「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」に参画

PR TIMES / 2020年8月5日 14時45分

日本初、産官学連携の学校システム改革チームで未来の学校モデルの開発に挑戦。

弊社は、教員・企業・教育委員会がワンチームとなって、Society5.0に向けた新しい学校システム創りを進める「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」に参画することを発表いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/46899/2/resize/d46899-2-462753-0.jpg ]



本プロジェクトは教員養成大学である東京学芸大学と、附属学校(竹早地区)、20社もの企業、岡山県津山市、岩手県山田町、その他の教育委員会がワンチームとなり連携していく、日本初の産官学共同チームで組成されています。
「学校と社会をヒトでつなぐ」というコンセプトのもとリーチャー・プログラムを展開している弊社は、教職員や参画企業の皆様と連携しながら「多様な人材が学校現場で協働する環境作り」に貢献してまいります。現在企画中の構想も附属校で実装後、全国の公立学校への展開も見据えて、スピード感を持った変革へと繋げてまいる所存です。


■「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」詳細は以下をご参照ください
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000062740.html

■弊社概要
設立2019年6月25日 資本金500万円 所在東京都世田谷区
VISION  この国を、月曜日が待ち遠しくなるエネルギッシュな社会に変革します
MISSION 大人には「働く喜び」を、子どもには「学ぶ喜び」を創出します
HP(PC推奨)  https://www.camoman.net/ 

■お問い合わせ
本件にご関心をお持ちいただいた学校・企業・報道関係各位は、お気軽にお問い合わせください
reacherprogram@camoman.net

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング