非接触でスピーディーに体表温を検知、AI搭載のタブレット型体温検知システム

PR TIMES / 2020年11月9日 13時45分

~「新しい生活様式」の定着に向けて~

セーフティ&セキュリティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山本真彦)は、非接触で瞬時に体表温を検知できるSUNELL社のAI搭載タブレット型体温検知システム(SN-M2207NT-B)を11月より販売開始いたしました。



本システムは、AI(人工知能)を活用した顔認識技術とサーマルカメラにより、対象者がマスクや眼鏡を着用したままでも、所要時間0.1秒以下でスピーディーに発熱の疑いがある方をスクリーニングします。

今なお猛威を振るう新型コロナウィルスへの対策として「発熱者の識別」が重要視され、あらゆる施設やオフィスの入口で検温や消毒をするなど「新しい生活様式」の定着が求められております。
今後の長期シナリオを見据え、検温作業にかかる人員の削減や入口ゲートでのスムーズな体温スクリーニングへのニーズから、対象者自身がカメラの画面で測定結果を確認できる機種の需要が高まっております。

従来の赤外線測定機器を使ったタブレット型製品では、画面内の測定範囲に顔の位置を合わせる必要があり、身長によっては対象者の上下の動作が必要でした。
本システムはサーマルカメラを搭載することで、画面内のどこに顔があってもAIが自動で顔を識別し、額の温度を測定することが可能です。また、高精度サーマルイメージセンサーにより0.1秒以下という高速測定が可能になりました。さらに温度測定距離が0.3~1.2mと広いことで、検温のための静止がほとんど必要ないため、来訪者にストレスを与えることなく安心・安全な空間を提供することに貢献します。
[画像: https://prtimes.jp/i/55490/2/resize/d55490-2-682707-0.png ]



<タブレット型体温検知システムの特長>
● 測定スピード: 0.1秒以下
● 測定誤差: ±0.3℃未満
● アラート機能:基準値以上の体表温を検知した場合、画面と音でお知らせ
(正常時にもお知らせ音声アラートを設定可能)
● マスク検知:マスクの着用有無を自動で検知、マスク非着用の場合、画面と音声アラート
● AI機能: 顔認識により自動追尾および定期測定が可能
● 顔認証可能(マスク装着時でも一定以上の認識率あり)
● 30,000件の顔データ、60,000件のイベントデータを登録可能


▶製品の詳細はこちらからご確認ください。
https://www.saf-sec.co.jp/product/tablet_btds/
▶下記ウェブサイトにて最安値でご購入いただけます。
https://sunell-security.stores.jp/items/5f55f05c37b0bc2484248ea9

<お問い合わせ先>
セーフティ&セキュリティ株式会社
営業企画部 近藤秀次
〒160-0005 東京都新宿区愛住町23番地2 ベルックス新宿ビルII10階
TEL 03-5362-1022 FAX 03-5362-2922
URL: https://www.saf-sec.co.jp E-mail: info@saf-sec.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング