2020年の日本を代表する経営者に選ばれた柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長が語る言葉とは?令和2年度「財界賞経営者賞」授賞式典 【1月14日(木)17時から】オンラインで開催

PR TIMES / 2021年1月12日 18時15分

総合ビジネス誌『財界』を発行する株式会社財界研究所(東京都千代田区、代表取締役社長 村田博文)は、令和2年度の「財界賞」(第65回)を受賞した柳井正ファーストリテイリング会長兼社長のほか、「経営者賞」(第63回)の6名の経営者の授賞式典を、初めてYouTube(財界オンラインチャンネル)によるオンライン配信で開催します。



[画像: https://prtimes.jp/i/72421/2/resize/d72421-2-843883-0.jpg ]

■柳井正氏「経営者としてはノーベル賞をもらったに等しい最高の栄誉」

令和2年度財界賞はファーストリテイリング・柳井正氏が受賞。コロナ危機にあって、新しい生き方・働き方を追求、新しい経済リーダーの道を実践する経営者です。柳井氏は受賞の喜びを「『財界賞』の受賞は経営者としてはノーベル賞をもらったのに等しい最高の栄誉だと思います」と表現。授賞式典では、受賞者の方々の生の声をオンラインで配信します。

■令和2年度受賞者

『財界賞』 
◎柳井 正(やない・ただし)ファーストリテイリング会長兼社長

『経営者賞』
◎吉田 憲一郎(よしだ・けんいちろう)ソニー会長兼社長CEO
◎西浦 三郎(にしうら・さぶろう)ヒューリック会長
◎中山 哲也(なかやま・てつや)トラスコ中山社長
◎平野 洋一郎(ひらの・よういちろう)アステリア社長CEO
◎木村 一義(きむら・かずよし)シェルター会長
◎米良 はるか(めら・はるか)READYFOR CEO

■令和2年度「財界賞経営者賞」授賞式典

日時:2021年(令和3年)1月14日(木)午後5時~
配信:財界オンラインYouTubeチャンネルにてライブ配信

https://www.youtube.com/channel/UCVveM0VyQaKIDuI1c_J0ZYA
*ライブ配信後もアーカイブ公開します。

最新情報は「財界オンライン( https://www.zaikai.jp)で更新していきます。

■「財界賞」とは
広く日本経済を牽引した有力財界人を表彰する財界賞・経営者賞は、「経営者にも文壇の芥川賞、直木賞のような賞があるべき」との創業者・三鬼陽之助の思いから始まり、財界賞は『財界』創刊の昭和28年度に、経営者賞は昭和30年度に創設されました。昭和28年度の第1回財界賞には東芝で社長、会長を務めた石坂泰三氏が、昭和30年度の第1回経営者賞には日清紡績の社長、会長を務めた櫻田武氏が選ばれました。

「財界賞」は、グローバルに社会に貢献し、広く日本経済を牽引した経済人を対象に、また「経営者賞」は、その年に顕著な業績を残した経営者、人材教育等で特筆すべき取り組みをした経営者を対象とし、毎年独自の視点で表彰しています。

■主催:株式会社財界研究所

■財界賞経営者賞選考委員会
・伊藤 邦雄氏(一橋大学CFO教育研究センター長)
・大宅 映子氏(評論家)
・北畑 隆生氏(元経済産業省事務次官・開志専門職大学学長)
・熊谷 亮丸氏(大和総研専務取締役チーフエコノミスト、内閣官房参与)
・小林 いずみ氏(みずほフィナンシャルグループ取締役会議長)
・小宮山 宏氏(三菱総合研究所理事長・第28代東京大学総長)
・柴生田 晴四氏(元東洋経済新報社社長・経済倶楽部理事長)
・嶌 信彦氏 (ジャーナリスト)
・福川 伸次氏(元通商産業省事務次官・東洋大学総長)
・村田 博文 (司会兼任・総合ビジネス誌『財界』主幹)(50音順)

■問い合わせ:株式会社財界研究所 TEL:03-3581-6773

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング