1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

希望条件にあう物件を自動で提案住宅購入プラットフォーム「ハウスクローバー」8月30日(月)に新機能追加

PR TIMES / 2021年8月30日 12時15分

住宅購入プラットフォームを企画開発・提供するハウスクローバー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮田明典)は 「ハウスクローバー」における新機能として「物件探しの自動化」機能を2021年8月30 日より提供開始いたします。「物件探しの自動化」機能は、登録した希望条件に基づいて条件に合う物件を自動的にロボットがインターネット上の物件情報から探し、利用者にメールでお知らせ。消費者の物件探しにおける時間と手間の軽減、不動産業者の物件提案業務における効率化を実現します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/81000/2/resize/d81000-2-6ea066f91727adecaace-4.png ]

■開発背景
携帯電話やパソコンの普及により、インターネットを利用した物件探しが定着してきました。しかし、物件を探している消費者が複数の不動産情報サイトを使い、大量かつ毎日新しく掲載される物件から希望の物件を探すのには時間と手間がかかります。
また不動産業者における不動産仲介業務には、顧客の要望にあわせた物件を探し資料を作成するといった作業があります。不動産業者の担当者が、多数の物件情報を閲覧する手間とその後資料を作成する効率の悪さが課題となっています。全てのお客様に漏れなく物件提案を行うことは難しく、人力で行うと繁忙期において物件紹介が滞ってしまうリスクもあります。
こうした課題を解決するために、ハウスクローバーは物件情報検索を自動化するサービスの提供を開始することにしました。
物件を探している消費者は待つだけで条件にあったさまざまな物件情報を得られるため、物件探しの手間が大幅に軽減。不動産業者は顧客自身に物件を探してもらうことで、物件提案業務が大幅に効率化されます。消費者、不動産業者の双方にメリットを提供します。

■新機能「物件探しの自動化」について


[画像2: https://prtimes.jp/i/81000/2/resize/d81000-2-c26b4a129f5ac83082e4-3.jpg ]

登録した希望条件に基づいて、条件に合う物件を自動的にロボットがインターネット上の物件情報から探してきます。
また、登録した条件に合う新着物件がある場合は利用者にメールで通知します。日々不動産サイトを見て探さなくても、希望にあった物件を見逃すことがなくなります。また、膨大な量がある物件情報を調べる時間と手間を省くことができ、効率的に物件探しを行うことができます。
気になる当該物件がある場合には、ハウスクローバーサイト内で不動産エージェントへの問い合わせが可能。会員登録無料でお使いいただけます。

■今後の展開について
更なる機能充実を図り、物件を探すより多くの消費者にご利用いただくためにブラッシュアップを実施します。
不動産業者には、現在のように物件紹介が中心の業務ではなく、住宅ローンなどのファイナンス、長い目で見た資産価値の予測など幅広いコンサル能力が求められる時代です。今回の「物件探しの自動化」リリースにより、顧客が希望条件にそった物件探しを自動で行うことが可能となります。物件探しを顧客側が行うことで、不動産エージェントは顧客対応やコンサルティングなどに集中できるようになります。
ハウスクローバーは今後も不動産業界に健全なサービス競争を広めていき、消費者が安心して取引できる環境を作っていきます。

■会社概要
会社名:ハウスクローバー株式会社
所在地:東京都港区南青山二丁目2番15号 ウィン青山942
代表者:宮田明典
設立:2021年2月
URL: https://houseclouver.jp/
事業内容:住宅購入プラットフォーム「ハウスクローバー」企画開発・提供

■ハウスクローバー株式会社とは
ハウスクローバーは「一人でも多くの人が、住宅を購入して豊かな暮らしを実現する」という理念のもと、顧客と顧客の利益を第一に考える不動産事業者とのマッチングする場を提供しています。名古屋の不動産仲介業者であるスタイルイノベーション株式会社から2021年2月に分社化。サービス競争を起こすことで不動産業界における健全化を目指している企業です。

【お問い合わせ先】
名称:ハウスクローバー株式会社 設立年月:2021年2月
URL: https://houseclouver.jp/
住所:東京都港区南青山二丁目2番15号 ウィン青山942 担当者:宮田明典
TEL:03-6403-3368 E-mail:daihyou@houseclouver.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング