1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ミュージアムタワー京橋が、竣工以来11件目の賞「第62回BCS賞」を受賞

PR TIMES / 2021年9月14日 16時15分

ミュージアムタワー京橋が竣工以来11件目の賞「第62回BCS賞」を受賞株式会社永坂産業(東京都中央区京橋 代表取締役:牛尾幸光)と公益財団法人石橋財団(東京都中央区京橋 理事長:石橋寬)が共同で所有するビル「ミュージアムタワー京橋」(東京都中央区京橋1−7−2)はこのほど、一般社団法人 日本建設業連合会(東京都中央区八丁堀 会長:宮本 洋一氏)が制定する第62回BCS賞を受賞しました。
今回の受賞により、ミュージアムタワー京橋が2019年7月の竣工以来、これまでに国内外の組織・機関から受賞した建築関係の賞は11件(アーティゾン美術館単独2件を含む)となりました。



[画像: https://prtimes.jp/i/84067/2/resize/d84067-2-5d56a0e1b81dbdb9fdc7-0.jpg ]



これまでに受賞した11件の賞は下記の通りです。
(各賞の詳細については下記を参照願います)

1. CTBUH AWARDS 2020 優秀賞  高層ビル100−199m部門
2. CTBUH AWARDS 2021 最優秀賞 MEP(建築設備)部門
3.MIPIM ASIA Awards 2020銀賞   社会・経済に資する公共的建築物部門
4.2020年 環境・設備デザイン賞 最優秀賞 建築・設備統合デザイン部門
5.2020年 日本サインデザイン賞 銅賞 (受賞の対象は共用部とオフィス部分)
6.2019年 照明普及賞
7.2020年度 日本建築家協会優秀建築選
8.ABB LEAF AWARDS 2020/21最優秀賞候補 複合用途ビル部門
9.第62回 BCS賞(今回受賞)
(以下はアーティゾン美術館 単独の受賞)
10.2020年 日本空間デザイン賞 金賞 博物館・文化空間部門
11.2020年 日本サインデザイン賞 金賞

各賞の詳細について


ミュージアムタワー京橋の受賞

1. CTBUH AWARDS 2020 
Award of Excellence Winner Best Tall Building(100-199m)
CTBUH(高層ビル・都市居住協議会 本部:米国)が制定する全世界の高層ビルを評価する建築賞の
Best Tall Building(100-199m)部門で優秀賞8件の一つに選出。
*詳しくはCTBUHのHP(下記)を参照下さい。
https://awards.ctbuh.org/winners/#tabs-finalists 
*注:コロナ禍の影響で2020年と2021年が統合されています。

2. CTBUH AWARDS 2021
Category Winner  Award of Excellence Winner MEP Engineering
上記CTBUHが制定する建築賞のMEP(建築設備)部門で最優秀賞に選出。
*詳しくはCTBUHのHP(下記)を参照下さい。 
https://awards.ctbuh.org/winners/ 
  *注:コロナ禍の影響で2020年と2021年が統合されています。

3. MIPIM ASIA AWARDS 2020
Silver Prize BEST INFRASTRUCTURE,COMMUNITY & CIVIC BUILDING
MIPIM ASIA AWARDSは世界最大級の不動産見本市のアジア部門が設ける建築賞で、
革新性や偉業を成し遂げた優れたプロジェクトとして2020年の銀賞に選出。
*詳しくはMIPIM ASIA AWARDSのHP(下記)をご参照下さい。
https://awards.mipim-asia.com/mipimasiaawards2021/en/page/ranked-winners

4. 2020年 環境・設備デザイン賞
最優秀賞 建築・設備統合デザイン部門
一般社団法人 建築設備綜合協会が制定する優秀な環境・設備デザインに対する賞。
設備機器、システムが調和的、機能的に統合化されている環境建築を対象する部門で最優秀賞に選出。
*詳しくは一般社団法人 建築設備綜合協会のHP(下記)を参照下さい。
http://abee.or.jp/designaward/past/19/


5. 2020年 日本サインデザイン賞
銅賞(共用部、オフィス部分)
公益社団法人 日本サインデザイン協会が主催し2020年で54回を数える歴史あるデザイン賞。
応募総数315点の中からミュージアムタワー京橋の共用部・オフィス部分のサインデザインが銅賞に選出。
*詳しくは日本サインデザイン協会のHP(下記)を参照下さい。
https://www.sign.or.jp/sda-award 

6. 2019年 照明普及賞
一般社団法人 照明学会が1957年の創設以来、優秀な照明施設を対象に実施している賞。
視環境、照明技法、照明効果などの観点から総合的に審査し優秀な照明施設を表彰。
*詳しくは照明学会のHP(下記)を参照下さい。
https://www.ieij.or.jp/IP/award2019.html 

7. 2020年度日本建築家協会 優秀建築選
公益社団法人 日本建築家協会が日本国内における各年度の優秀な建築作品100件を選定するもので、
2020年度の応募275作品から選定。
*詳しくは公益社団法人 日本建築家協会照明学会のHP(下記)を参照下さい。
http://www.jia.or.jp/member/award/kenchikusen/2020/yushu_list.pdf

8. ABB LEAF AWARDS 2020/21
Short List Best Mixed Use Building Project
ヨーロッパ主要建築家フォーラム(Leading European Architects Form、LEAF)が運営し2004年から始まった国際建築賞。世界の建築家コミュニティーにおいて次世代の基準となる作品を評価し、建築デザインの発展を目的としている。同賞の複合用途ビル部門の最優秀賞を選出するための最終候補3件の1件に選出。
*詳しくはLEAFのHP(下記)を参照下さい。
https://www.leafawards.arena-international.com/

9. 第62回 BCS賞
日本建設業連合会が制定し1960年の賞創設以来、今回で62回を数える賞。国内において建築され供用開始から1年以上が経過した建築物を応募の対象とし、建築の事業企画、計画・設計、施工、環境および建築物の運用・維持管理等に関する総合評価で受賞を決定。今回の応募数は74件で、その中から15件が受賞。
*詳しくは一般社団法人日本建設業連合会の(下記)を参照下さい。
https://www.nikkenren.com/kenchiku/bcs/


アーティゾン美術館の受賞

10. 2020年 日本空間デザイン賞
金賞 博物館・文化空間部門
2019年に、 一般社団法人 日本商環境デザイン協会と一般社団法人 日本空間デザイン協会が、それぞれが開催してきたデザインアワードを合併して誕生した日本最大級の空間系アワード
*詳しくは日本空間デザイン賞のHP(下記)を参照下さい。
https://kukan.design/award/ 

11. 2020年 日本サインデザイン賞
金賞
公益社団法人 日本サインデザイン協会が主催し2020年で54回を数える歴史あるデザイン賞。
応募総数315点の中からアーティゾン美術館のサインデザインが金賞に選出。
*詳しくは日本サインデザイン協会のHP(下記)を参照下さい。
https://www.sign.or.jp/sda-award

ミュージアムタワー京橋の概要

○建物名称   ミュージアムタワー京橋
○所在地    東京都中央区京橋1丁目7番2号
○竣工     2019年7月
○事業主    株式会社 永坂産業、公益財団法人 石橋財団
○設計・監理  株式会社 日建設計
○施工     戸田建設 株式会社
○構造     鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造物)
○階数     地上23階、地下2階、塔屋2階
○建物高さ   149.56m
○用途     事務所、美術館、自動車車庫
○敷地面積   2,813.74平方メートル
○延床面積   41.829.51平方メートル

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング