1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

TeamJAPANで宇宙のその先へ。星出宇宙飛行士ミッション応援プロジェクトFinal第4弾、星出彰彦宇宙飛行士 帰還生中継/2021年11月9日(火)※1予定

PR TIMES / 2021年11月5日 17時45分

YouTube JAXA イベントライブ配信専用チャンネル、ニコニコ生放送にて同時配信

星出宇宙飛行士ミッション広報事務局は、星出彰彦宇宙飛行士(以下、星出宇宙飛行士)が現在滞在している国際宇宙ステーション(以下、ISS)から地球へ帰還する模様をお伝えする番組を、2021年11月9日(火)※1にYouTube JAXAイベントライブ配信専用チャンネルで配信予定ですので、ご案内いたします。
※1放送日は、ISSからの帰還日時を踏まえるため、変更となる可能性があります。詳細はJAXA有人宇宙技術部門ホームページ( https://humans-in-space.jaxa.jp/event/detail/001781.html )をご確認ください。




[画像1: https://prtimes.jp/i/85072/2/resize/d85072-2-0654c6beba81dd9b307c-0.jpg ]

米スペースX社クルードラゴン宇宙船運用2号機(以下Crew-2)に搭乗し、2021年4月23日にISSへ向けて旅立った星出宇宙飛行士が、約6か月のISSでの滞在を終えて地球にいよいよ帰還します。本番組は、星出宇宙飛行士のミッションを地上から支えた、「きぼう」フライトディレクタ関川知里による解説とともにお届けします。
米フロリダ沖でCrew-2の着水を待つ回収船からJAXA職員が行う予定の現地リポートや、ISS船長として様々なミッションに挑んだ星出宇宙飛行士がISS滞在を振り返るコメントも必見です。
また、本番組はニコニコ生放送でも同時配信が決定いたしました。YouTube JAXAイベントライブ配信専用チャンネルと併せてお楽しみください。

【番組概要】
「TeamJAPANで宇宙のその先へ。星出宇宙飛行士ミッション応援プロジェクト」Final
第4弾『帰還篇』

■放送チャンネル:
1. YouTube JAXAイベントライブ配信専用チャンネル
 (URL: https://www.youtube.com/watch?v=_Ut0qkrJcpA
2.ニコニコ生放送(URL: https://live.nicovideo.jp/

■配信予定日:2021年11月9日(火)12時~13時20分(予定)
※放送日は予告なく変更となる場合があります。詳細はJAXA有人宇宙技術部門ホームページ
https://humans-in-space.jaxa.jp/event/detail/001781.html)をご確認ください。

■出演者
司会:JAXA有人宇宙技術部門事業推進部 柳田さやか
解説:JAXA 有人宇宙技術部門有人宇宙技術センター「きぼう」フライトディレクタ(J-FLIGHT)関川知里
クルードラゴン運用2号機(Crew-2)帰還概要説明:JAXA有人宇宙技術部門有人システム安全・ミッション保証室
尾藤日出夫
現地リポート:JAXA有人宇宙技術部門ヒューストン駐在員事務所 山方健士(予定)

■タイムライン
1、オープニング/各出演者紹介/番組趣旨紹介
2、帰還シーケンス紹介/星出宇宙飛行士ミッション振り返り
3、帰還生中継
4、エンディング

<過去放送番組のご案内>
<過去放送番組のご案内>
第1弾『打上げ篇/ISS到着篇』、第2弾『宇宙応援団篇』、第3弾『星出に願いを篇』については、JAXAイベントライブ配信専用チャンネル(YouTube)でご覧いただけます。
JAXAイベントライブ配信専用チャンネル(URL: https://onl.tw/C9Yw6BH

◆JAXA 星出彰彦宇宙飛行士のご紹介
[画像2: https://prtimes.jp/i/85072/2/resize/d85072-2-ac3c27a23854870e98f3-1.png ]

星出彰彦(ほしであきひこ)。1968年東京都生まれ。1992年宇宙開発事業団(現 JAXA)に入社。1999年ISS(国際宇宙ステーション)に搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者として選抜される。2001年宇宙飛行士として認定。2008年6月スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗してISSへ。「きぼう」日本実験棟船内実験室のISS 取り付け作業などに参加。2012年7月ソユーズ宇宙船に搭乗してISSへ向かい、約4か月の長期滞在で小型衛星放出や3回の船外活動などを行った。2021年4月23日、民間宇宙船クルードラゴン「Crew-2」に搭乗しISS へ。日本人2人目となるISS 船長を務めるなど、約6か月にわたり様々なミッションを行っている。


※プレスリリース内のオフィシャル素材につきましては、即時報道の場合、クレジットを記載してご使用ください。なお、素材はこちら( https://onl.tw/Aix72ku )よりダウンロードいただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください