『マニュライフ生命 わくわくチャリティラン2012 駅伝 & ハーフマラソンin 味スタ』 小さなお子さまから大人の方まで1万人を超える皆さんがチャリティランイベントを楽しみました!

PR TIMES / 2012年5月25日 18時23分



TOKYO MXと株式会社東京スタジアムが主催し、マニュライフ生命保険株式会社が特別協賛するチャリティイベント『マニュライフ生命 わくわくチャリティラン2012 駅伝 & ハーフマラソンin 味スタ』が、2012年5月19日(土)味の素スタジアム(調布市)にて開催されました。

2008年に始まり5回目となる今年は、前日の悪天候が嘘のような晴天に恵まれ、来場者数が初めて1万人の大台を突破、過去最多の約13,000人となりました。当日は駅伝やハーフマラソンに本格的に挑まれる方から、仮装してファンランを走られる方、親子手つなぎランで親子仲良く汗を流される方など様々な参加者が当イベントを楽しまれました。さらに、昨年に引き続き、ボストンマラソンへの特別参加権が当たる抽選では、男性、女性各1名が見事当選し、お二人とも完走へ向けて抱負を語ってくださいました。

また、今年は元シンクロナイズドスイミング日本代表の青木愛さんがゲスト参加し、セレモニーのプレゼンターやランのスターター、ボストンマラソン特別参加権の抽選役を務めていただいたほか、一般のランナーたちとハイタッチをするなどして応援をしていただきました。
さらに今回初めての試みとして、プロの振付師による子どもダンスイベントを実施。数々の人気CMやPVなどの振り付けを手掛けるユニット『振付稼業air:man』が、参加した子どもたちに振り付けを指導し、軽快な音楽に合わせて子どもたちと一緒にダンスを踊りました、またその様子を撮影した映像をミュージックビデオとして編集し、マニュライフ生命のFacebookページに5月26日正午位に掲載いたします。(http://www.facebook.com/ManulifeJapan

なお、当イベントに特別協賛をする当社の役職員やその家族がボランティアスタッフとして参加し、来場者受付けやランナーの給水、募金の呼びかけ、子どもたちを対象にしたゲームや工作ブースの運営等、本イベントの運営サポートに従事しました。当社代表執行役社長兼 CEOクレイグ・ブロムリーは以下のように述べています。「マニュライフ生命は、このイベントに5年連続で協賛させていただいています。今年は、お子様からご年配の方々まで、これまで以上に多くの方々にお越しいただき、また、何度も繰り返しご参加いただいている方々も多いとのこと、喜んでおります。このチャリティイベントを通じて、東日本大震災の被災地の子どもたちの支援のためにお役に立てることをうれしく思います。」
また、ゲストの青木愛さんは以下のようにイベントの感想を述べています。「東京マラソンぶりのマラソン大会でしたが、私自身すごく楽しむことが出来ました。昨年よりも人がかなり増えたということで、会場内のたくさんの人のわくわくが伝わってきました。このイベントは競走というよりも楽しんで走るコンセプトがとても良いと思います。これからも是非続けて欲しいイベントだと思いました。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング