BODY WILDにビジネスマン向けの新ライン「BODY WILD EX」が登場!コミュニケーション・キャラクターに“島耕作”氏が就任!

PR TIMES / 2013年1月21日 16時25分

あの「島耕作」も課長時代からBODY WILDを愛用していた!!

グンゼ株式会社(社長:児玉 和、本社:大阪市北区)は、多彩な生活シーンで活躍し、はきごこちとかっこよさを提供するアンダーウエア「BODY WILD(ボディワイルド)」に、ビジネスマン向けの新ライン「BODY WILD EX(ボディワイルド・イーエックス)」を発売します。

また、講談社「モーニング」で連載中の人気コミック「社長 島耕作」とコラボレーションし、コミュニケーション・キャラクターに「島耕作」氏を起用いたします。




●「BODY WILD」とは
1998年にデビューし、「かっこよくて気持ちいい、男のアンダーウエア」をテーマに
当時はまだ着用の少なかったボクサーブリーフを日本の男性に広めてきました。
以来、最新のファッショントレンドやグンゼならではの技術を取り入れながら
魅力的でハイセンスなアンダーウエアを提供し続け、昨年デビュー15周年を迎えました。

●「BODY WILD EX」とは
2013年春夏シーズンより「キメる男の、新定番。」をキャッチコピーに、
デビュー以来「BODY WILD」を愛用しているビジネスマンに向け、
綿素材や穿きごこちにこだわった新ライン「BODY WILD EX(ボディワイルド・イーエックス)」を発売します。

コミュニケーション・キャラクターには、仕事の仕方から私生活の過ごし方まで、全ての男性の憧れである
「島耕作」氏を起用。
ビジネスマンを代表する「島耕作」氏を通して、働く男の美学、ダンディズム、ビジネスマンのこだわりを訴求してまいります。

●「BODY WILD EX」商品の概要

生活に必要なものは堅実に、趣味や自己投資のものは充実する二極化が見られます。
アンダーウエアに対しても流行に流されず、モノとして芯のある本物を選びたいという意識が高まりつつあります。
あわせて、綿素材の良さが見直され、着ごこちや品質を重視する考え方も定着を見せています。
こうしたことから、多様化するニーズに対応する新ライン「BODY WILD EX(ボディワイルド・イーエックス)」を、2月1日より発売いたします。
素材や機能などハード面に加え、穿きごこち、5つの幅広いラインナップなどソフト面も含めたトータルなこだわりを持つグループです。
「価値ある確かなアンダーウエアを着用したい」お客さまのご要望にお応えするアンダーウエアを提供いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング