楽園バリ島の人気アイテムが 一挙集結するモダン・バリ・フェア 5月9日〜14日に広島初上陸!

PR TIMES / 2012年5月7日 18時44分



ゴールデンウィーク連休中、埼玉の伊勢丹浦和店で開催され
大好評だった『モダン・バリ・フェア』が、
インドネシア共和国商業省、日本アセアンセンター協賛のもと
広島三越にも上陸!

開催日程:5月9日(水)~14日(月)の6日間
開催会場:広島三越
〒730-8545 広島市中区胡町5-1
TEL 082(242)3111(大代表)
胡町電停より徒歩1分


バリ島が広島三越ジャック!
地下1階から7階まで広島三越全フロアにバリ島ブースが設けられ、
まだ日本で知られていない日本未上陸アイテムや、
魅力溢れるバリ島の素晴らしい伝統工芸、お洒落な洋服や小物、アクセサリー、
インテリアなどを一挙紹介。注目のインドネシア・バリ島出身の新進気鋭デザイナーや
アーティストをはじめ、バリ島で活躍する日本人デザイナー、代表的な老舗ブランドまで
バリ島からモダン・バリ・フェアのために来日します。
バリ島雑貨や家具、ファッションは、今や日本では定番人気。
この『モダン・バリ・フェア』の特徴は、今までの雑然としたバリ雑貨のイメージや
固定観念を一新する、『モダン』で『洗練された』バリ島を紹介してします。
インドネシア共和国商業省、日本アセアンセンターがのバックアップのもと、
新しい発見が満載です。2009年にユネスコの世界無形文化遺産にも登録された
バティックなどの伝統工芸品にも注目。

バリ島ウブドに在住し、日本とバリ島を行き来する、本質を見極める視点をもった
セレブリティ、インドネシア人ジュエリーデザイナーのルニ・パラールさんが
広島三越と合同プロデュースする日本唯一のイベント。
ルニ・パラールさんご本人も来日です。

また広島三越ご来場者抽選会では、ガルーダ・インドネシア航空で行くバリ島への旅、
往復航空券(関空または羽田発 - デンパサール行き)が限定数で当たります。
このイベントを通じて、日本とインドネシア・バリ島間の友好がますます深まり、
日本の皆様にとっても、インドネシアの未知なる魅力の発見ができます。
楽園バリ島の癒しを、会場で思う存分お楽しみ下さい。

会期中は会場では楽しいバリ島を体感する催事も多数開催。
※広島三越にて

★1階特設会場にて:12日(土)・13日(日)の週末2日間
バリ舞踊とガムラン演奏ショー
13:30〜、15:30〜の2回

★1階正面入口にて:毎日開催中
バリ島アートフォト展
写真家ドディー・オベンク氏&ラドウィン・ヌルラティフ氏

『モダン・バリ・フェア』各フロアの参加予定ブランド
(広島三越にて)

地階:特設会場にて インドネシア料理
◎ワルン・マタハリ

1階(イベントスペース)
◎トラジャ・メロ(ファッション小物)
◎ディール・ファッション(バッグ) 
◎楽園工房(インテリア雑貨)
◎ジェンガラ・ケラミック(陶器・テーブルウェア)
1階(上りエスカレーター前)
◎スンバ・アート(ビーズバッグ) 

2階(上りエスカレーター前)
◎シシバッグ(バッグ)

3階 (上りエスカレーター前)
◎アルディヤント・バティック(洋服・ファッション小物)

4階 (上り&下りエスカレーター前)
◎アメニティ・デザイン ◎キラーナ・アート・ギャラリー
◎トコパラス(洋服、インテリア雑貨、装飾、癒し系アロマグッズ)

5階 (上りエスカレーター前)
◎クトゥ・ルディ・ギャラリー(バリ絵画)

6階 (上りエスカレーター前)
◎ビダダリ・ギャラリー (木彫り)
◎ドディー・オベンク(アート写真グリーティングカード)

7階 (上りエスカレーター前)
◎インドネシアバリ島観光情報ブース
7階(イベントスペース)
◎ルナ・ジュエリー(ジュエリー・アクセサリー)
◎キリタ・セレクション(スカーフ・ファッション小物)

【協 賛】 インドネシア共和国商業省 、 日本アセアンセンター

【後 援】 ガルーダ・ インドネシア航空、在大阪インドネシア共和国総領事館、
バンクネガラインドネシア(BNI)、インドネシア貿易振興センター大阪、
インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省

こちらの情報に関するお問い合わせは:インドネシア・バリ島ウブド 担当/吉田
メール modernbalifair@gmail.comまで





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング