横須賀美術館でコピーライターによる「こども広告教室」を開催!

PR TIMES / 2012年7月4日 16時4分



横須賀美術館で7月28日、東京コピーライターズクラブ(TCC)会員のコピーライターが講師となって、子どもたちと横須賀美術館のポスターを制作するワークショップ「こども広告教室‘展覧会に行こう’」が行われる。

当日は開催中の「ストラスブール美術館展」を鑑賞した後、講師のアドバイスを受けながら人の心をつかむ言葉、コピーを考える。同展はストラスブールにある近現代美術館のコレクションを中心に、19世紀後半から20世紀後半にかけて活躍した59人の作家の作品、計83点を紹介するもの。できあがったコピーはポスターとなり、横須賀美術館の館内に掲出される。

いわゆるキャッチコピーを考えることにとどまらず、広告の方法と言葉を使って、人とコミュニケーションをとることの大切さ、楽しさを子どもたちに感じてもらえるワークショップ。夏休みの自由研究にも役立ちそう。この夏、家族で美術館に出かけてみてはいかがだろう。

日時:7月28日(土)13時30分~17時(参加費無料)
対象:小学校高学年(人数30人)
参加方法:事前申込制。イベント名、参加日、参加者氏名・年齢、代表者の住所・電話番号、保護者の見学の有無を記入の上、ハガキかEメールでお申込み。7月14日(土)必着。1通につき4名様まで。応募多数の場合は抽選となり、申込み締切り後に抽選の結果等をお知らせします。お申し込み方法等、詳しくは横須賀美術館ホームページへ。http://www.yokosuka-moa.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング