メラノックス社、Microsoft Windows Server 2012 R2ベースの仮想ネットワーク環境におけるハードウェアオフロードを実現

PR TIMES / 2014年1月10日 14時26分

~主要仮想化プラットフォームに対応したハードウェアオフロードエンジンを搭載したMellanox ConnectX(R)-3 Pro用ドライバを提供~

メラノックステクノロジーズ社 (Mellanox(R) Technologies, Ltd.、NASDAQ: MLNX; TASE: MLNX) の日本法人であるメラノックステクノロジーズジャパン株式会社は、本日、ConnectX(R)-3 Pro 10/40ギガビットEthernetアダプタカードの出荷ならびに同アダプタカードでMicrosoft Windows Server 2012 R2で構築されたネットワーク仮想化環境においてハードウェアによるオフロードを実現するドライバの提供を開始したことを発表しました。

メラノックステクノロジーズジャパン株式会社
2014年1月10日

メラノックス社、Microsoft Windows Server 2012 R2ベースの仮想ネットワーク環境におけるハードウェアオフロードを実現

~主要仮想化プラットフォームに対応したハードウェアオフロードエンジンを搭載したMellanox ConnectX(R)-3 Pro用ドライバを提供~

データセンターにおけるサーバやストージシステム向けにエンドトゥエンドの接続ソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社 (Mellanox(R) Technologies, Ltd.、NASDAQ: MLNX; TASE: MLNX) の日本法人であるメラノックステクノロジーズジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、ジェネラルマネージャ:津村英樹)は、本日、ConnectX(R)-3 Pro 10/40ギガビットEthernetアダプタカードの出荷ならびに同アダプタカードでMicrosoft Windows Server 2012 R2で構築されたネットワーク仮想化環境においてハードウェアによるオフロードを実現するドライバの提供を開始したことを発表しました。

メラノックスの提供する10/40ギガビットEthernetアダプタカードConnectX(R)-3 Proは、Microsoft Windows Server 2012 R2で新たに提供されるオーバーレイネットワーク技術であるNVGRE (Network Virtualization using Generic Routing Encapsulation) のハードウェアによるオフロード機能に対応しています。メラノックスは2014年1月よりConnectX(R)-3 Pro 10/40ギガビットEthernetアダプタカードの出荷ならびに最新のMellanox Windowsドライバ (Mellanox WinOF version 4.60) の提供を開始しました。このドライバにより、ConnectXR-3 ProのNVGREハードウェアアクセレレーションエンジンが利用可能となります。ConnectX(R)-3 Proのハードウェアアクセラレーションエンジンを使ってHyper-Vの仮想オーバーレイネットワークを実装することにより、標準的なEthernet NIC を使用した場合と比べ、スループットが約65%向上し、CPU使用率が約80%低減されます※。この結果、より多くのCPUサイクルをアプリケーションに割り当てることが可能となり、クラウド環境の投資収益率の向上に貢献します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング