オンライン ユーザビリティテストツール”GhostRec” のライセンス取得で今後の機能拡張に拍車

PR TIMES / 2013年11月27日 14時19分

株式会社デモは(本社:東京都港区、代表取締役社長:角田芳泰、以下、デモ )は2012年9月よりEEM Technologies HB(スウェーデン王国 以下、EEMT社)よりオンライン ユーザビリティ調査(remote usability testing)ツール”GhostRec”の日本における独占販売契約を締結し、日本国内において販売を開始しておりましたが、この度、EEMT社よりghostrec.jpのライセンスを買収いたしました。



本ライセンスを買収により、デモは独自で開発およびアジア圏における販売が可能となりました。
「決済の多様化」、「UXテスト」、「スマートフォン対応」、「多言語対応」、「テスターの声を録音」など機能拡張を目指して開発に取り組んでまいります。
直近の計画では「UXテスト」を年内、「スマートフォン対応」を年明けにリリース予定です。その他につきましても順次開発しリリース予定でございます。

本ライセンス取得により、デモはghostrec.jpドメイン上にて、独自で開発およびアジア圏における販売を行ってまいりますが、EEMT社は引き続きghostrec.comドメインにて欧州圏においてサービス提供をしてまいります。

ご利用方法の変更点はございませんので、既存のお客様は今までどおり、本サービスをご利用いただけます。


【GhostRecサービス概要】

”GhostRec”は、英語圏を中心に主流になっているオンライン ユーザビリティテスト(remote usability testing)ツールの1つです。
海外では、オンライン ユーザビリティテストは数多くの企業において実施され、Webサイトの課題・効果検証に期待されています。

■オンライン ユーザビリティテスト(remote usability testing)の特徴
1. オンラインで実施できるため、テスターの場所を選ばないこと
2. あらかじめタスクを設定できるので、テスターの都合の良い時間に調査を実施できること(クイック型はタグを設置 したページにアクセスされれば録画)
3. 多くのテスターに参加してもらうことにより、定性的な調査に加えて、定量的な調査が可能となること

■”GhostRec”の活用シーン
1. リニューアル時に
 サイトが抱えている課題に仮説を立て、それに対して検証を行う場合に、”GhostRec”は最適のツールです。
2. A/Bテストの代わりに
 従来のA/Bテストでは、結果を検証するまでに時間がかかる=多くのサンプル数を必要としましたが、タスクを設定で きる”GhostRec”は、効率的に課題を検証できます。
3. ピンポイントでテストをしたい時に
 サイトが想定するターゲットを絞った調査は、”GhostRec”が最も得意とする所です。例えば、特定の属性で、ピンポ イントに絞られたターゲットについて、ユーザエクスペリエンスを知るには、オンラインユーザビリティ調査が威力 を発揮します。

”GhostRec”は、登録費は無料で、年会費、基本使用料は無く、課金は使う分だけRec PV(1PVあたり20円)を事前購入してご利用いただけます。また、初回登録特典として100PVが進呈されるため、まずは無料でテストしたいWebサイトでお試しいただけます。

また、”GhostRec”のサービス開始サポートとして、テストサイトへのタグの埋め込みや、調査結果から得られる課題抽出と解決策のレポート作成などのサポートサービスも引き続き提供してまいります。

■関連サイト
 GhostRec http://info.ghostrec.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング