羽生善治監修 日本将棋連盟推薦 iPhone/iPad用アプリケーション

PR TIMES / 2013年8月8日 13時19分

「羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~」 ~8月8日より配信開始~

アイデス株式会社は、羽生善治永世名人と共同開発したiPhone(R)/iPad(R)/iPod touch(R)用アプリ『羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~』を8月8日よりiTunes Store(R)にてダウンロード販売を開始いたします。



将棋総合アプリ『i羽生将棋』を配信中のアイデス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中井 範光) は、羽生善治永世名人と共同開発したiPhone(R)/iPad(R)/iPod touch(R)用アプリ『羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~』を8月8日よりiTunes Store(R)にてダウンロード販売を開始いたします。
本作は「羽生善治 監修」「日本将棋連盟 推薦」となっております。

『羽生善治の将棋のお手本』は、「将棋をやりたいけど難しそう」「将棋を始めたけど、なかなか勝てない」といった将棋初心者が必ずぶつかる壁を、アプリで解決することを目的に開発されました。将棋を指す上で必要となる基礎知識を、手軽に楽しみながら、自然に覚えることができるアプリで、第1弾は「初心者からの定跡講座」として現在配信されています。

第2弾となる本アプリのテーマは「手筋入門」。ルールを覚えた程度の初心者が、駒の効果的な使い方を習得し、手軽に上達することを目指しました。将棋入門書に必ずある「駒の使い方」をメインに学びながら、どういった手が良い手なのか?を身に付けていきます。

【ゲーム概要】

製品名:羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~

対象機種:iPhone/iPad/iPod touch(iOS4.3以降動作確認済み)

価格:アプリ本体:170円(税込)

    追加問題:85円(税込)~

配信開始日:2013年8月8日

専用URL:http://ihabu.jp

■そもそも手筋とは?

手筋とは、有効に駒を使うテクニックのことです。対局で良い手を指したくも、良い手を知らなければ指すことはできません。定跡が「進行のお手本」なら、手筋は「好手のお手本」と言ったところです。
例えば定跡を覚えて有利になったとしても、そこからどう指して良いかわからなくなることもあります。その時に頼りになるのが手筋の知識です。

■講座の進み方

講座は、ヒントや解説を読みながら、次の一手を指すだけの簡単操作。
ヒント自体は「2筋の歩を交換します」「頭金を打ち込みます」」など、将棋の基礎がある人から見れば、答えが書いてあるようなものですので、しっかりヒントを読んで少し考えれば、初心者でも正解することができます。仮に間違ってしまっても、自動で手を修正して次の手へ進みます。次の手がわからなくて講座が進まない、ということもなく、わからない場合もメニューに「次へ」ボタンがありますので、初心者でもテンポよく講座を受けることができます。「習うよりも慣れろ」のスタンスで、学べるように構成されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング