ミライトと「ミライト・ソリューションセミナー2013」を開催

PR TIMES / 2013年6月4日 17時7分

基調講演はTV等の解説で有名な軍事アナリストの小川和久氏

ネクスト・イット株式会社は、本年2月に業務提携契約を締結した株式会社ミライトと共同で、初のソリューションセミナー「ミライト・ソリューションセミナー2013」を7月10日(水)にミライト本社にて開催します。
本セミナーでは、ミライトの新ソリューション事業として、国・企業・組織が狙われる標的型攻撃の事例や攻撃に対して取りうる対策について、軍事アナリストの小川和久氏を迎えた講演とともに、ネクスト・イットが国内総代理店の高精度なマルウェア自動動的分析ツール「ThreatAnalyzer(スレット アナライザ)を用い、攻撃事例や特長を詳しく解説すると共に、次世代ファイアウォールを導入する出口対策をデモや導入事例を含め、わかりやすくご紹介します。


ネクスト・イット株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:仲西 敏雄、以下「ネクスト・イット」は、本年2月に業務提携契約を締結した株式会社ミライト(本社:東京都江東区、代表取締役社長:鈴木正俊、〈http://www.mrt.mirait. co.jp/〉以下、「ミライト」といいます。)と共同で、初のソリューションセミナー「ミライト・ソリューションセミナー2013」を7月10日(水)にミライト本社にて開催します。

本セミナーでは、ミライトの新ソリューション事業として、国・企業・組織が狙われる標的型攻撃の事例や攻撃に対して取りうる対策について、軍事アナリストの小川和久氏を迎えた講演とともに、ネクスト・イットが国内総代理店の高精度なマルウェア自動動的分析ツール「ThreatAnalyzer(スレット アナライザ)を用い、攻撃事例や特長を詳しく解説すると共に、次世代ファイアウォールを導入する出口対策をデモや導入事例を含め、わかりやすくご紹介します。

■開催の背景
特定の企業や団体を狙った標的型のサイバー攻撃による情報漏洩事件が相次いでいます。その中でも標的型攻撃と呼ばれる新しい脅威では、重要な機密情報を標的に密かに攻撃が進行するため、従来の情報漏洩事件と比べ被害が深刻化しています。

本セミナーでは、「日本はサイバー戦争の時代に 生き残れるか」と題し、軍事アナリストの小川和久氏を迎えた基調講演を始め、先進のサイバーセキュリティソリューションを開発・販売しているThreatTrack Security社のテクニカルディレクター ダニエル・シェル氏が来日し、同社のThreatAnalyzer(スレット アナライザ)を使ったマルウェア解析を紹介いたします。
最新のサイバー攻撃の現状からその対策まで1日で一括して体験することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング