東日本大震災被災地域学生の英国留学を支援― 大和日英基金東北スコラーシップ(ブリティッシュ・カウンシル提携) 2012年度奨学生募集

PR TIMES / 2012年4月11日 12時18分

2012年4月11日
大和日英基金
ブリティッシュ・カウンシル

-------------------------------
― 東日本大震災被災地域学生の英国留学を支援 ―
大和日英基金東北スコラーシップ(ブリティッシュ・カウンシル提携)
2012年度奨学生募集
-------------------------------

 大和日英基金(本部:英国ロンドン、事務局長:ジェイスン・ジェイムズ)
と英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(所在
地:東京都新宿区、駐日代表:ジェフ・ストリーター)は、東日本大震災被災
地域学生の英国留学支援のための奨学基金「大和日英基金東北スコラーシップ
(ブリティッシュ・カウンシル提携)」(以下、東北スコラーシップ)の
2012年度奨学生を募集します。
 奨学生の対象は、英国の教育機関で一定期間学ぶことを希望する高卒以上の
方で、東日本大震災の被災者の方、特に、宮城、福島、岩手の3県の、被害
の大きかった地域の方からの応募を奨励します。現在英国で学んでいる被災地
出身の方で、英国で学業を継続するために資金面での支援を必要とする方から
の応募も受け付けます。
 奨学金が支給されるのは2012年、2013年に開講される以下のコースです。
・全教科における、大学学部または大学院レベルの学位取得目的のコース
(大学進学準備コースや修士号準備コースなどを含む)
・博士課程または博士号取得後の研究プログラム
・大学や専門学校における職業訓練コース
・英語コース(例:学業開始前の英語準備コースや語学学校の夏期コースなど)

 助成額はケースごとに判断され、それぞれの学習計画に沿った学費、生活費、
渡航費などが支給されます(申請上限額※:2万ポンド(約270万円※2))。
応募時に具体的な将来の展望や資金計画を示す必要があります。奨学金は、
明確な目的を持ち、かつ経済的に困難な状況にある方に優先的に提供されます。
 東北スコラーシップは、東日本大震災で被災された学生の英国留学を支援す
るために2011年6月に設立されました。奨学基金総額は25万ポンド
(約3,375万円 ※2)です。大和日英基金とブリティッシュ・カウンシルは、
単年ではなく複数年の支援を目指し、本奨学基金を2011年から2013年の
3年にわたって運営しています。初年度の2011年度には19名の奨学生が
決定しました。

※  状況により、上限額以上支給される場合もあります。
※2 1ポンド≒135円で換算

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング