瞬間的な居眠りを防ぐ ボッシュ・居眠り運転検知システム フォルクスワーゲンPassat Alltrackに搭載

PR TIMES / 2012年4月17日 9時33分



重大な事故を引き起こす主な原因の1つは疲労
特徴的なステアリング動作から疲労を検知し、警告
フォルクスワーゲンPassat Alltrack(R)に居眠り運転検知システムを標準装備

運転中の疲労や瞬間的な居眠りは、しばしば重大な事故を引き起こす原因となります。しかし、危険な状況が発生する前に、疲労の初期兆候を検知することはできます。ボッシュの居眠り運転検知システムは、ステアリング動作を監視し、適時にドライバーに休憩を促すシステムです。このシステムに必要となる情報は、車両の電動パワーステアリングシステム、またはESC(横滑り防止装置)のコンポーネントである操舵角センサーから提供されるため、この機能は優れたコストパフォーマンスで装備することができ、交通安全の向上にも大きく寄与します。ボッシュの居眠り運転検知システムは乗用車と小型商用車に搭載可能で、車両の各種コントロールユニットに組み込むことができます。このシステムは2010年に新型フォルクスワーゲンPassatの標準装備として初めて採用され、最新モデルのPassat Alltrackにも装備されることになりました。

事故に対して疲労が及ぼす影響は、多くの調査研究で実証されています。2010年には米国自動車協会(AAA)が、米国道路交通安全局(NHTSA)が収集した事故データに基づく分析結果を公表しました。
それによると、米国で発生したすべての死亡事故のうち、17%は過労状態のドライバーが運転していたという結果が示されています。

集中力の低下や疲労は、ドライバーの操舵行動と反応時間に影響を及ぼします。繊細な運動技能が減退し、操舵行動の正確性が失われ、ドライバーは小さな操舵ミスを頻繁に修正するようになります。新しい居眠り運転検知システムは、走行開始直後からドライバーの操舵行動を記録し始めるアルゴリズムをベースにしており、長距離走行中の変化を検知し、そこからドライバーの疲労レベルを認識します。集中力低下の典型的な兆候は、ドライバーが車両を走行レーンに保つために辛うじて運転しているという状態に表れ、この状態になると、わずかな、それでいて素早い急激なステアリング動作が伴うようになります。居眠り運転検知システムはこうした動作の発生頻度や走行距離、方向指示器の使用、時刻といったその他のパラメータに基づき、ドライバーの疲労レベルを算出します。そして、疲労レベルが一定の値を超えると、インストルメントパネル上でコーヒーカップなどのアイコンが点滅し、休憩が必要であることをドライバーに警告します。ボッシュの居眠り運転検知システムはドライバーの体調という重要な側面に取り組み、交通安全の向上に貢献することができます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング