【5月21日は「ニキビの日」】 71%がニキビのせいで自信が持てず、シャイに。

PR TIMES / 2013年5月21日 17時18分

~ニキビの改善はQOLの向上への大きな第一歩~

 ガルデルマ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:ウンベルト・C・アントゥネス)は、2010年より5月21日をニキビの日に制定し、さまざまな啓発活動を実施してまいりました。今年度も、ニキビに悩む患者さまの為に活動してまいります。

==================================

【5月21日は「ニキビの日」】 71%がニキビのせいで自信が持てず、シャイに。

~ニキビの改善はQOLの向上への大きな第一歩~

==================================

 ガルデルマ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:ウンベルト・C・アントゥネス)は、2010年より5月21日をニキビの日に制定し、さまざまな啓発活動を実施してまいりました。今年度も、ニキビに悩む患者さまの為に活動してまいります。

 2011年にBio PsychoSocial Medicineに発表された、アメリカの皮膚科医らの調査によると、半数以上が「ニキビができることが思春期のうちで厄介な出来ごとの一つ」と回答するなど、青春時代におけるニキビが精神的にも大きな影響を及ぼしていることが分かります。(Bio PsychoSocial Medicine, 2011. 「参考資料」参照)

■4割以上が「ニキビのせいで恋人を見つけることが難しいと思う」
ニキビがある十代の若者のうち64%がニキビのせいで恥ずかしい思いをしたことがあると回答し、55%がニキビができることが思春期のうちで最も厄介な点だと思っていると回答しました。また、71%がニキビのせいで自信喪失や内向的になった、43%が恋人を見つけることが難しい、24%が友達が出来にくい、21%が学校に行きにくい、そして7%が仕事を見つけることが難しいとそれぞれ回答しました。

 また、ニキビのある肌は、ニキビのない肌と比較して、マイナスイメージを挙げる回答の割合が多く得られました。

■「ニキビのある十代女子は恥ずかしがり」?!
他人からの印象に関して、ニキビがある肌の十代女子は、ニキビのない肌と比較して、シャイ(49%)、ストレスがある(29%)、寂しい(26%)、退屈(16%)、内向的(11%)という印象を受ける割合がより高いという結果が発表されました。

■「ニキビのある十代男子は変わっている」?!
同様の質問で、ニキビがある十代男子に対しては、変わっている(34%)、だらしない(16%)、不健康(12%)というイメージがより高いとの結果が発表されました。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング