“さらに本気になれた”最優秀賞受賞者インタビューと大会レポートを公開!

PR TIMES / 2013年3月1日 19時47分

BBT大学主催・JETRO後援 「新興国ビジネスコンテスト ディベロッピン!」http://bbt.ac/dev/contest/#conclusion

100%オンラインのみで経営の学士を取得できる日本初の大学「ビジネス・ブレークスルー大学」(以下BBT大学、学長:大前 研一)は、JETRO(日本貿易振興機構)の後援のもと、新興国をテーマにビジネスプランやアイデアを募集した「ディベロッピン!新興国ビジネスコンテスト」の大会結果レポートと最優秀賞受賞者インタビューを、3月1日(金)に一般公開しました。



本サイトでは、新興国ビジネスプランを募集する「本エントリー部門」120件、Twitterで新興国ビジネスアイデアをつぶやく「アイデアツィート部門」180件の応募総数300件から、見事最優秀賞に輝いた青木翔平さんへのインタビュー記事をはじめ、コンテストへの参加者と応募されたビジネスプランの属性データ、2月17日(日)にBBT大学ラウンジで開催した最終プレゼン大会当日の映像を公開。公開映像中では、事前審査を通過した8組の最終プレゼンテーションや、ベンチャー投資家を中心とする審査員からの事業化へ向けた課題の指摘や助言がなされるシーンなど、緊張感が漂う最終審査会の模様をお届けします。


▼最優秀賞の受賞者コメント(抜粋)
青木翔平さん(26歳)
ビジネスプラン:「ガーナの学生に開発技術指導を行い、そこで育った人材を現地企業にインターン派遣する事業」

「もともと本気でやっていましたが、その姿勢がさらにもう一段階進んだ、本気になれた、と感じています。そしてビジネスプランをつくっていく「プロセス」が貴重だったと思います。というのも、実はメンターの方以外にも、多くの方々からアドバイスを頂きました。周りの友人や先輩方など、自分の周りには素晴らしい人たちがいて、ディベロッピンに参加しなかったらそういった人たちを巻き込んでいこうとする主体性・行動は生まれなかったと思います。」


▼大会結果レポート(抜粋)

・平均年齢は33歳 本エントリー部門の応募者平均年齢は約33歳。20~30代の社会人を中心に、19歳~55歳の幅広い年齢層の方がエントリーされました。

・アジアが7割
地域別ではアジア地域でのビジネスプランが最も多く、全体の約7割を占めました。中でもインドネシアが最も多く、それに続いてインド、ベトナム、ミャンマー、タイ、マレーシアなど様々な地域でのビジネスプランが検討されていました。アジア以外の地域では、最優秀賞を受賞した青木さんのアフリカ(ガーナ)や、南米(ブラジル)などです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング