東日本大震災被災者支援「共に生きる」ファンド第10次助成は23事業、総額113,782,226円

PR TIMES / 2012年10月4日 16時4分

特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区、/以下、JPF)は、第10次「共に生きるファンド」の申請事業総数62件から、以下の23事業が常任委員会にて承認されたことを報告します。事業実施地別(募集時)では宮城県21件、岩手県9件、福島県16件、その他地域・複数地域16件でした。支援内容別(助成時)ではセーフティネット支援6件、コミュニティ支援14件、生業支援2件、コーディネーション・サポート1件でした。

※2012年10月5日時点での総額。23団体中2団体が条件付承認につき助成額を調整中であり、助成総額を変更する可能性があります。

次回第11次募集は2012年11月1日~8日を予定しています。引き続き、被災地の復興に向け、皆さまの積極的なご応募をお待ちしています。

【セーフティネット支援:6件】
1
避難地域見直しにおけるパーキンソン病患者の帰宅支援(一般社団法人全国パーキンソン病友の会福島県支部)
助成額:1,402,000円、実施場所:福島県福島市・郡山市・二本松市・本宮市
概要:避難区域見直しにより、仮設・みなしに居住しているパーキンソン病患者の帰宅支援事業
2
いわき市被災中学生に対する学習支援プロジェクト(特定非営利活動法人タッチ・ザ・サイエンス)
助成額:¥2,001,911、実施場所:福島県いわき市
概要:被災して学習環境が整わなくなってしまった中学生を中心に、無料で理科系学習塾や化学実験教室、屋外研修などを実施する
3
中高大連携「ドイツから学ぶまでいな復興!」プロジェクト(一般社団法人飯舘までい文化事業団)
助成額:¥995,000、実施場所:福島県福島市
概要:ドイツへの研修旅行で「自然エネルギーの可能性」と「持続可能な村づくりの手法」を学んだ飯館村中学生達が中高大連携勉強会などで学びを継続し、成果を全国に情報発信したいと発案し、その仕組みを作る
4
被災地障碍者生活支援事業(社会福祉法人やまだ共生会)
助成額:¥7,500,000、実施場所:岩手県山田町・大槌町
概要:障害者・低所得高齢者の「移動支援事業」と障害を持った方を一時預かる「レスパイト事業」
5
「陸前高田・安心して子育てできるまちづくり」事業(特定非営利活動法人HANDS)
助成額:¥9,998,605、実施場所:岩手県陸前高田市
概要:小児保健医療システム強化のための行政サービスの後方支援と小児医療サービスの充実や、安心して子育てできる環境整備のための地元民間組織の自立支援
6
地域資源を活用し復興を推進させる地域コーディネイター育成プロジェクト(特定非営利活動法人みちのくふる里ネットワーク)
助成額:¥11,986,460、実施場所:岩手県大船渡市
概要:被災者支援、情報支援、復興支援ネットワーク構築の3事業

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング