「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」100万台突破!CM撮影に1万人が参加! 「ネスカフェ ゴールドブレンド」新テレビCM第2弾

PR TIMES / 2012年11月15日 14時46分



ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三)は、“違いがわかる人”としてアーティスト・DREAMS COME TRUEの吉田美和さんと中村正人さんのお二人を起用した、ソリュブル(インスタント)コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」新テレビCMの第2弾を11月16日(金)より全国で一斉に放映します。


■ともに進化する「ネスカフェ ゴールドブレンド」とDREAMS COME TRUEを描く
今秋の「ネスカフェ ゴールドブレンド」のキャンペーンCM第2弾です。累計販売台数100万台を突破(2012年10月)、進化する家庭用コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」(2012年11月「ネスカフェ バリスタ」を改称)と、同じく幅広い世代のファンに愛され、進化を続けるDREAMS COME TRUEの姿を重ね合わせて表現しています。


■1万人の観客がエキストラ出演!壮大で迫力のあるライブシーン
CMは、コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」でいれた「ネスカフェ ゴールドブレンド」を、DREAMS COME TRUEのお二人が飲むシーンから始まります。「ダバダ」のフレーズで親しまれる「ネスカフェ ゴールドブレンド」のCMテーマソングを披露。場面は小さなライブハウスから、本CMの見どころである巨大なライブ会場へと移ります。このシーンは、現在開催中の「裏ドリワンダーランド 2012/2013」のライブ終演後に撮影を行い、1万人を超える観客の皆様にエキストラとして参加していただきました。


「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」のユーザーは100万人にまで広がりました。そのご支持に対するネスレからの感謝の気持ちがこもった、壮大さと迫力のある、「ネスカフェ ゴールドブレンド」と「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の第2弾テレビCMを是非お楽しみください。


【CMの見どころ】
DREAMS COME TRUEの軌跡と共に「ネスカフェ ゴールドブレンド」の進化を伝えるストーリー

本CMはDREAMS COME TRUEのお二人が今に至るまでを描いたストーリー内容となっています。冒頭シーンは、DREAMS COME TRUEのお二人の原点である小さなライブハウス。「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」で淹れたコーヒーを飲みながら、懐かしそうにライブハウスを見渡しているシーンから始まります。そして、吉田美和さんがリズムをとりはじめると小さなライブハウスに満員の観客がいる中でのパフォーマンスシーンとなり、さらに、次の瞬間には大勢の観客に囲まれた巨大なライブ会場でのパフォーマンスへと切り替わります。今回は、DREAMS COME TRUEのお二人がアレンジしたCMテーマソングを1万人以上の観客の前で披露しました。DREAMS COME TRUEのお二人のように、多くのファンに愛され、これからも進化を続ける「ネスカフェ ゴールドブレンド」、そして「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の紹介に相応しい仕上がりです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング