国内における中長期的戦略ビジョン 再生可能エネルギー技術の支援ソリューション」を発表 - テュフ ラインランド グループ140周年、ジャパン35周年を迎えるにあたり -

PR TIMES / 2012年10月10日 15時53分



テュフ ラインランド ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ミヒャエル・ユングニッチュ)は、本日、国内における中長期的なビジョンとなる「再生可能エネルギー技術の支援ソリューション」を発表しました。テュフ ラインランド グループは今年で創立140周年、そしてテュフ ラインランド ジャパンは来年創立35周年を迎えますが、このビジョンは再生可能エネルギーを主軸に第三者検査機関としての責任をこれまで以上に全うしていくための具体的行動指針です。

テュフ ラインランドは産業革命以来、ドイツで技術エンジニアリングの専門家として活動してまいりました。日本における安全性と信頼性、そして品質管理にも、この長年の経験を活かすべく活動しております。国内では、信頼性の高い高効率なエネルギーに対する新しい技術と安全性の証明が求められると同時に、企業間の競争も激しくなってきています。これに加え、日本の新しいエネルギー政策も始まりましたが、テュフ ラインランド ジャパンはドイツで長年培った技術と経験に基づき、この新しい国内市場の立ち上げに貢献してまいりたいと考えています。

テュフ ラインランド ジャパンは1991年より、様々な大規模試験施設を国内で運営してきました。2005年にはテクノロジーセンター(神奈川県横浜市、GTAC)を、2007年には太陽光発電評価センター(神奈川県横浜市、SEAC)を開設し、今年に入ってからは国内の大型施設としては3箇所目となる関西テクノロジーセンター(KTAC)を大阪市に開設しました。これらの施設では、太陽光発電モジュールや蓄電池の試験を強化していくと同時に、今後は資源分野の設備や人材面でも投資を行なってまいります。

【「再生可能エネルギー技術の支援ソリューション」3つの重点項目】

この度発表した中長期的なビジョンとなる「再生可能エネルギー技術の支援ソリューション」は、テュフ ラインランド ジャパンがこれまで主として行なってきた再生可能エネルギーの試験と認証にとどまらず、これをスマートグリッドやスマートホーム等のエネルギーの効率化にまで拡大するものです。具体的には、太陽光発電モジュールや蓄電池の検証にとどまらず、今後益々活発化すると考えられる民間投資によるメガソーラーのアセスメント、スマートホームやスマートビルディングの電力効率化、そしてこれらの電力需給ラインを無駄なくつなげるための包括的なソリューションサービスを目指します。再生可能エネルギーの積極的な開発と利用はまだ始まったばかりであり、今後は蓄電池や太陽光発電モジュールという単体の試験だけでなく、システム全体の効率化についても試験・認証を提供してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング