飲食業界の離職率増に歯止めを。 「自ら職場を体感し、仕事先を決める」飲食業界の新たな就活スタイルをステッカーで提案

PR TIMES / 2012年11月27日 17時55分

飲食専門総合求人サイトを運営するクックビズ株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役:藪ノ 賢次)。
求人掲載中の飲食企業・店舗向けに、離職率の高い飲食業界の定着率を上げるためのツールをリリース。来店客に店頭等で求人募集を行っていることを訴求できるアイテム「クックビズステッカー」、全4種類の配布を開始いたしました。



【ステッカー配布の背景と思い】
2012年10月、厚生労働省が発表した調査結果(参考資料参照)によると、他業種の離職率が「電気・ガス・熱供給・水道」7.4%、「製造」15.6%という中、「宿泊・飲食」は48.5%と、他業界と比べ飲食業界の離職率の高さが浮き彫りになる結果に。
2007年の創業時より、弊社では飲食業界求職者向け転職支援を実施。その中で、「入社前のイメージと違った」という理由から退職を繰り返してきた方が多くいらっしゃいました。この原因の一つとして、入社前に就職先となる企業・店舗に足を運ばずに、イメージだけで応募し、採用に至っている現状があげられます。
少しでも飲食業界の離職率に歯止めをかけ、定着率を上げるためには、実際に来店しそのお店の空気やスタッフを肌で感じた方から応募していただくのが一番ではないかと考え、ステッカーを発行いたしました。                                                    
【ステッカーの概要】
「お店のことが好きな人材に定着して働いて欲しい!」飲食店舗・経営者の思いと、「自分の好きなお店でずっと働きたい!」飲食求職者の思いをつなぐアイテムです。
店舗のレジ・ドア付近などに貼ることで自店の求人募集を伝えることができ、店舗に来店した求職中の方はもちろん、求職中ではない潜在応募者にも、スタッフ募集をアピールできます。
店舗景観をそこなわないよう、シンプルデザインを採用。ステッカーにあるQRコードをスマホで読み込めば、専用のスマホ検索画面へ進みます。画面上にて、働きたいお店の「企業名」「店舗名」を検索すると、求人が表示されます。

また、クックビズコーポレートサイトにて、ステッカーについての詳しい利用方法を動画にて公開しています。
URL:http://cookbiz.co.jp/campaign/movie/001/


【クックビズについて】
2007年、食の専門学校生に対するお仕事紹介・就業支援サービスからスタート。その後、飲食特化の独立系人材紹介会社として、一般求職者の方々にもサービス拡大させてきました。
定着する人材のご紹介をモットーに、真摯な姿勢でマッチングに取り組んでおり、一方で、正社員の定着率100%を2年連続達成と、自社でも社員の定着率を重視。2010年から自社の組織化を本格的に開始。
直近2年間で正社員の離職は0名と、「自社の採用の成功こそ、人材会社として最大のブランディングである」という考えのもと、取り組んでおります。また2012年7月より、求人広告サービスをスタートさせました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング