IEEEの委託によるスマートグリッド関連の調査で、 エネルギー貯蔵、分散型発電、マイクログリッドの分野の 強い潜在成長力が示される

PR TIMES / 2012年11月28日 15時11分



~世界のスマートグリッドのエグゼクティブ460名に対する調査により、技術がスマートグリッドを刺激するとともに、技術はスマートグリッドにより刺激されるものであるという結果が判明~


米国ニュージャージー州ピスカタウェイ
2012年11月28日(現地時間)発


人類のための技術を推進する世界最大の専門家組織であるIEEE(アイ・トリプル・イー)は本日、世界におけるスマートグリッドの今後5年間の急速な配備を前提として、エネルギー貯蔵、分散型発電、マイクログリッドの技術がどのように発展することになるか、その詳細を記載した新しい報告書を一般に公開したこと発表しました。IEEEの委託により、Zpryme Research & Consultingは、 2012年9月に世界のスマートグリッド関連のエグゼクティブ460名を対象として行った調査をもとに、報告書『未来の電力システム(Power Systems of the Future)』を作成しました。同報告書は、IEEEスマートグリッドのウェブポータルhttp://smartgrid.ieee.org/ を通じて本日より無料でダウンロードが可能です。


Zprymeのスマートグリッド・アドバイザリー・ボードのメンバーでありProximetryのエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント兼チーフ・ストラテジー・オフィサーでもあるAndres Carvalloは次のように述べています。「スマートグリッドは、21世紀を築く主要な技術基盤・経済的基盤であり、このレポートには、いかにエネルギー貯蔵技術、分散型発電技術、マイクログリッド技術がスマートグリッドの原動力を刺激するとともに、技術がスマートグリッドの原動力により刺激を受けるものであるのかが、詳しく書かれています。」


本報告書では、3つの「総括的結論」が定義されています。


・ マイクログリッドに対する公共部門・民間部門の資金/調達提供、送電網レベルの貯蔵の研究開発(R&D)とプロジェクト/パイロット(試行)は、より費用効果の高いソリューションに貢献し、より良いビジネスケースを提供し、技術の導入、応用、最適化に関するベストプラクティスを明らかにするのに役立つ。


・ 欧州は分散型発電とマイクログリッドの採用と実用化におけるグローバルリーダーであり、一方北米は、貯蔵技術で突出している。同報告書では、これらの地域は「次世代分散型エネルギーシステムの開発と展開にかけては先頭に立つ立場にある」と述べている。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング