米国・欧州・豪州のレンタルWi-Fiルーターのデイリー料金を値下げ

PR TIMES / 2013年1月21日 16時37分

安さだけでなく、分かりやすいシンプルなプランに変更

モバイル通信機器レンタルサービス、最大手の株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は、2013年1月21日からパケット定額Wi-Fiルーター「Wi-Ho!(ワイホー)」の価格を見直します。昨年11月に、アジア用の料金を値下げしたのに続き、今回は欧米用を値下げしました。さらに全体のプランを、4種類から2種類に集約し、よりシンプルな料金体系にしました。



【本リリースのポイント】

1. 1日から使えるデイリープランと、30日間の長期プランが選べる
2. 米国・欧州・豪州は、デイリーの料金を1,200円から1,000円に値下げ
3. 別途の各種手数料は不要、シンプルな料金体系


スマートフォンユーザーの増加にともない、海外で利用できる定額制Wi-Fiルーターの需要も多くなってきました。モバイルレンタル業界では、Wi-Fiの値下げや価格改定が頻繁に行われています。その中で当社は、安さはもちろんのこと、お客様にとって分かりやすい料金プランが大切だと考え、今回の価格改定にいたりました。
従来のプランは、デイリー(1日)・パック7(7日間)・パック15(15日間)・パック30(30日間)の4種類あり、1日当たりの料金はそれぞれ、デイリーは1,200円、パック7・15は1日1,000円、パック30は1日633円でした。今回、ニーズが高いパック30は据え置き、全てデイリープランに集約しました。また、デイリーの料金はアメリカやハワイ、グアム、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、イタリアなど、人気が高い観光地の米国・欧州・豪州17地域は、1日1,200円から1,000円に値下げしました。
当社はモバイルレンタル業界で一般的な、受取手数料などの各種手数料が一切かかりません。「デイリー料金×レンタル日数」のみでご利用になれます。今後も当社は、明朗会計でお客様により分かりやすいサービスを提供してまいります。


【商品名】

定額制モバイルWi-Fiルーターレンタル  「Wi-Ho!(ワイホー)」


【申込方法】
・当社ウェブサイトからの予約
http://www.telecomsquare.co.jp/
・成田空港・羽田空港・関西空港・中部国際空港・福岡空港の
テレコムスクエアカウンターにて、当日レンタル可能


【料金一覧】
下記ウェブページをご参照ください。
http://www.telecomsquare.co.jp/service/popup/popup_price_011.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング