サッポロを元気にするシェアハウス『BUIE』(部家) カーシェアリング・屋上庭園付の51室大規模シェアハウスが “BUIEシリーズ”に登場!

PR TIMES / 2013年8月7日 12時23分

『BUIE麻生』9月1日オープン 8月24日オープニングイベント内覧会を開催!



北海道・札幌市を中心にシェアハウスや不動産、
コワーキングスペースなどを運営する株式会社マッシブサッポロ(本社:札幌市豊平区、代表取締役:川村健治)では
シェアハウスBUIE麻生(以下BUIE麻生)」を9月1日、札幌市中央区に新規オープンいたします。
また8月24日には、「BUIE麻生」のオープンに先立ち【オープニングイベント内覧会】を開催いたします。

シェアハウス『BUIE』とは、
“サッポロを元気にするシェアハウス”をコンセプトに、
これまでに札幌市内に3物件、近郊に1物件を展開、
20代~40代を中心に様々な業界で働く人が入居をし、
共用スペースや時間、価値観のシェアと共有が日々生まれ、
かけがえのない仲間や同志ができる空間となっています。

『BUIE』はオープン当初より地元メディアを中心に注目を集め始め、
最近ではシェアハウスへの関心が高まる中、
建設会社の社宅兼社員寮だった築約20年の建物を大規模改修し、
カーシェアリングサービスや屋上庭園、プレイルームなど、
魅力的な機能の備えたシェアハウスBUIE麻生を9月1日にオープンする運びとなりました。

シェアハウスBUIE麻生の主な特徴は、下記の通りです。
1.カーシェアリングサービスと提携し、敷地内にシェアリングカーが有り
カーシェアリングを利用することで、入居者同士が気軽にドライブや買い物、
外食などを楽しむことができるシェアハウス「BUIE麻生」は、
更に楽しいシェア生活を実現することが可能です。

2.51室という札幌市内最大級の規模 
30人から60人という規模がもっとも良好なコミュニティを生むと言われる中、
それを実現できる規模となります。多様な職業・年齢・国籍・性別など、
普段の生活では深く知ることの出来ない様々な価値観に出会うことにより、
自らの人生の幅を広げていくことが可能です。

3.こだわりのデザイン空間
札幌市内で2店舗を展開する人気雑貨店『NATURAL HIGH』が、
「BUIE麻生」のリビング装飾やの選定、
個室にもこだわりある内装デザインを採用し、
センス溢れる空間を演出いたします。

4.豊富な共用スペース
シェアハウスBUIE麻生は、BBQなどが楽しめる広々とした屋上がございます。
その他にも、卓球や映画鑑賞などが楽しめるプレイルームがございます。
これまでシェアハウス運営を行う中で、
その必要性が高いと感じたものが盛り込まれております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング