コクヨファニチャー「ofon(オフォン)」presents「社名の由来コンテスト」審査会を実施 大賞・審査員賞が決定!

PR TIMES / 2013年12月17日 14時41分

~全国から熱い想いが込められた社名の由来が届きました~



コクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市/社長:黒田英邦)は、コンパクトオフィスで働く社員に向けてオフィス空間を提案するブランド「ofon (オフォン)」のプロモーション活動として、小規模企業・個人事業主を対象に「社名の由来コンテスト」を開催し、2013年10月1日から10月31日まで企業からのご応募を受付。審査会が開催され、各受賞企業を決定いたしました。


■本コンテストの目的・概要
社名はまさに会社の顔であり、創業者がまず初めに想いを込めて考えるもの。「コクヨ」も、創業者・黒田善太郎氏が
創業者の郷里である、越中(現在の富山県)の「国(故郷)の誉れとなる」という想いが込められた商標「国誉(こくよ)」に由来しています。
そこで「ofon」では、こだわりや想いがこもった社名とその由来を募集し、大賞には「ofon」のオフィス家具を一式贈呈することで、全国の頑張っているコンパクトオフィスへ快適なオフィス空間を提供し、少しでも応援ができればとコンテストを開催いたしました。コンテストでは、従業員数1~10人までのオフィスを国内に持つ法人、及び屋号のある個人事業主を対象に、社名の由来を「起業者・経営者の想いに対する、共感・共鳴度」、「個性・オリジナル性」、「由来の実行度、今後の期待度」の基準で審査。社名大賞3社と審査員賞5社を決定しました。


■当日の審査会の様子
審査会では、ベストセラー『レバレッジ・シリーズ』著者で、レバレッジコンサルティング株式会社 代表取締役社長の本田直之氏、著書『伝え方が9割』が大ヒットしたコピーライター、大学講師の佐々木圭一氏、「ofon」の製品開発を手掛ける当社執行役員 の福井正浩の3名の審査員が、今回「社名の由来コンテスト」にご応募いただいたすべての企業について、その社名と由来をまとめた応募資料を精読。資料に目を通している間、3名の審査員はご応募いただいた各社の社名にかけた想いと真剣に向かっている様子で、こだわり抜かれた社名には思わず感嘆の声が漏れることもありました。
一方、書類選考で選ばれた企業の中から各賞を決定するディスカッションでは、各審査員が選んだ社名について、審査員が感じたことや共感した点などについて、積極的にそれぞれの意見を交換。こだわり抜かれた社名とその由来に対して様々な共感・感心の声が飛び出し、受賞社の決定は大変難航しました。
審査員の3名は社名や由来だけでなく、展開しているビジネスモデルやウェブサイトで打ち出しているメッセージに至るまで企業の活動を総合的に検討し、社名とその由来を実際の商品やサービスでどのように具現化しているか、社名に込めた思いを実現しているか、あるいは実現できるステップアップを期待できるかまで多角的に確認している様子が印象的でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング