第1回「全広連日本宣伝賞」各賞発表

PR TIMES / 2013年4月24日 15時4分

5月開催の全広連60周年記念全広連青森大会で贈賞

公益社団法人全日本広告連盟(大平 明理事長)は、4月2日、第1回「全広連日本宣伝賞」選考委員会を開き、「松下賞」を豊田章男氏(トヨタ自動車(株)代表取締役社長)、「正力賞」を見城徹氏((株)幻冬舎代表取締役社長)、「吉田賞」を足立直樹氏(凸版印刷(株)代表取締役会長)、「山名賞」を宇野亜喜良氏(挿絵画家・グラフィックデザイナー)、「特別賞」を東北六魂祭実行委員会にそれぞれ贈賞することを決定しました。

公益社団法人全日本広告連盟(大平 明理事長)は、4月2日、第1回「全広連日本宣伝賞」選考委員会を開き、「松下賞」を豊田章男氏(トヨタ自動車(株)代表取締役社長)、「正力賞」を見城徹氏((株)幻冬舎代表取締役社長)、「吉田賞」を足立直樹氏(凸版印刷(株)代表取締役会長)、「山名賞」を宇野亜喜良氏(挿絵画家・グラフィックデザイナー)、「特別賞」を東北六魂祭実行委員会にぞれぞれ贈賞することを決定しましたのでお知らせいたします。各賞は、5月15日(水)開催の全広連創立60周年記念「第61回全広連青森大会」(青森市「リンクステーションホール青森」)式典内で、贈賞を行う予定です。
各賞の受賞者と贈賞理由は以下の通り。

第1回「全広連日本宣伝賞」各賞受賞者と贈賞理由
「松下賞」
豊田章男(とよだあきお)氏 トヨタ自動車(株) 代表取締役社長

豊田章男氏は、トヨタ自動車(株)の取締役社長として、「もう一度、クルマに乗る楽しさを感じてもらいたい」、そして、「クルマ業界が元気になることを通じて再び日本を元気にしたい」という考えのもと、「FUN TO DRIVE,AGAIN.」の企業広告を展開。再生を意味する「ReBORN」をキャッチフレーズに、社の広告を斬新に展開。若者の車離れの歯止めにも対応した。トヨタ社は世界初のハイブリッド車プリウスをはじめ、環境にやさしい製品を選好する購買層の開拓に成功しており、これは広告の成功によるところが大きい。
また、広告効果についてさまざまな調査・分析を通して合理的な活動に努めてきた。以上から、消費者・生活者の属性に応じて、必要とする信頼性の高い情報を届けること、環境保護について企業と消費者等の社会的責任を踏まえた方向性を指し示す社会意識を醸成すること、人々の生活を質的に豊かにする新たな文化を創造すること、合理的な広告活動モデルを構築すること等で、広告の社会的使命を果たすと共に、広告界の向上・発展に貢献した。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング