薄毛治療専門医院 銀座HSクリニック、 女性の来院者数は前年比155%と大幅増加

PR TIMES / 2013年4月26日 11時31分

「女性のヘアケアも専門クリニックで」傾向高まる

 科学的根拠に基づいた治療法を提供する薄毛治療専門医院 銀座HSクリニック(所在地:東京都中央区、院長:北嶋渉)は、 2013年4月に、 2012年11月~2013年1月の3ヶ月間の「女性の来院者数」 「女性からの電話での問い合わせ件数」についての集計結果をまとめました。



■概要

期間: 2012年11月~2013年1月 (3ヵ月間)

内容:女性からの問い合わせ件数        前年比134%
    女性の来院者数               前年比155%
     女性向けページ訪問者数(HP)      前年比約4.7倍


■女性の薄毛について
薄毛の悩みを持つ日本人女性は、推定で600万人と言われています。日本の女性人口(約6500万人)から計算すると、10人に1人が悩んでいることになりますが、中高年に限ればさらに割合は多くなります。
また、男性に多い「男性型脱毛」 では前頭部や頭頂部から薄毛になりますが、女性に多い「びまん性 脱毛」は、全体の広範囲にわたり薄毛になるのが特徴です。 「びまん性脱毛」は年齢に関係なく起こりえる症状です。20歳以上の女性の約40%が生涯に一度はびまん性脱毛を発症するとされています。


■銀座HSクリニック 北嶋 渉院長によるコメント


  この集計結果に関しては、既婚女性の就職率の上昇にも見られる"女性のキャリアの長期化"や、それに伴う女性の所得の増加、さらにはヘアケア市場において女性向け育毛商品が多く市販されるようになったことなどから、女性の薄毛治療に対する精神的ハードルが下がっている可能性が考えられます。

また、近年ではスキンケアの一部としてのクリニックでの美容医療がより身近な存在になっていることから女性が美しい髪を求める中で、ヘアケアにおいても"薄毛治療"といったより根本的なケアに関心が向いていることも窺えます。 
  当院では女性向けの薄毛治療も行っておりますが、男性と女性では治療方法が異なります。女性の場合でも、治療によりヘアサイクルを正常化し豊かで美しい髪に戻せる可能性が充分にあります。ホルモンバランスや生活習慣などの影響が頭髪の状態を大きく左右することも考えられますので、まずは患者様の頭髪の 状況・ご体調や生活習慣などを詳しくお伺いし、頭髪のメカニズム等を詳しくご説明したうえで適切な治療法をご提案させて頂いております。頭髪に関するお悩みをお持ちの方はぜひお気軽にご相談下さい。
今後も、男性のAGA治療と同様に、女性の薄毛に対しても科学的根拠をもった治療を提供し、患者様一人ひとりの症状や悩みを改善するために最適な方法をご提案して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング