リアルな商品キャラクターとSNSを連動させた新サービス 『つぶやけ!!adキャラ』を提供開始

PR TIMES / 2014年1月15日 17時6分

デジタルマーケティング会社の株式会社ADDIX<アディックス>(〒107-0061東京都港区北青山3-6-23青山ダイハンビル10階 代表取締役社長 酒井大輔)とグループ会社であるクリエイティブスタジオの株式会社SUGOI<スゴイ>(〒107-0061東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10F ADDIX内、代表取締役社長 秋葉 陽児)は、このたびリアルな商品キャラクターとSNSを連動させた新サービス『つぶやけ!!adキャラ』の提供を開始致します。



企業にとって、様々な商品PR方法がある中、昨今ではFacebookやTwitterなどを用いたSNSからの情報発信が必要不可欠となりました。SNSからの発信が増えている中で、よりインパクトを残せるようSNSとリアルを連動させた新しい手法が『つぶやけ!!adキャラ』です。
商品をモチーフにしたマスクをかぶったadキャラが街に出没。
街で偶然商品キャラクターと遭遇したユーザーが、SNSにて情報拡散をすることで、ブランドの話題喚起や商品の興味喚起を狙います。


■つぶやけ!!adキャラ特徴

1【ブランド・商品の話題性創出&興味喚起】

商品をモチーフにしたマスクをかぶったadキャラを、街へリアルに出没させます。リアルなadキャラを見ることで、商品への関心を生み、ブランドや商品の話題性の創出や興味喚起を図ります。

2【店舗店頭誘導及びWEBサイトへの誘導可能】

adキャラは、店舗誘導を行えるよう店舗エリア周辺で出没させます。また店舗誘導だけではなく、希望するWEBサイトなどの誘導を行えるように設計も可能です。商品サンプリングやイベントコンテンツなど、目的に合わせて利用いただけます。

3 【商品キャラクターからブランドファンの獲得】

リアルに出没するadキャラと並行して、商品キャラクターのTwitterアカウントを設置。リアルに出現したadキャラから発信される情報を見ることで、愛着が更に湧き、キャラクターのファンから商品へのファン化につなげます。

■事例紹介

クヴォン・デ・ミニムジャポン株式会社 様

南仏ミニム修道院の精神を受け継いだナチュラルスキンケアブランド「クヴォン・デ・ミニム」

ブランドの認知拡大を目的とし、クヴォン・デ・ミニムのハンドクリームのadキャラを制作。

都内某所でハンドクリームのサンプリングを行いました。

キャラクターと一緒に写真を撮り、SNSに投稿するユーザーや、店頭の場所や商品の詳細を尋ねるユーザーなど、
効果的なPR活動となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング