漁師や漁業に興味のある人向けた現役漁師からのメッセージ動画を公開

PR TIMES / 2014年5月20日 14時20分

~ 漁師の仕事!まるごとイベント「漁業就業支援フェア 東京、大阪、福岡」開催~

 毎年、約1万人減少する日本の漁師。こうした状況の改善を図るため一般社団法人全国漁業就業者確保育成センター(代表理事会長:小坂智規、東京都港区赤坂)は、新規漁業就業者の安定的な確保・育成を目的に漁業未経験者を対象とする漁師になるための就業相談会「漁業就業支援フェア」を開催します。今回、5月から6月にかけ東京、大阪、福岡の3都市で開催するフェアに先立ち、現役漁師からのメッセージをメインコンテンツとするメッセージ動画「注目度UP!漁師という仕事」を作成、公開(http://www.youtube.com/user/ryoushichannel)します。合わせて漁業就業に関する総合WEBサイト「漁師.JP」にもアップします。



 今回作成した「注目度UP!漁師という仕事」篇は、水産食品会社の営業職から、まき網漁船の乗組員に転職した現役漁師山本浩司さんへのインタビューや、漁の様子、水上げの模様など様々な静止画像を組み合わせたメッセージ動画です。転職のきっかけ、まき網漁業の仕事内容・醍醐味、漁師になるための心構え、漁師を目指す人へのメッセージなど5年間の漁師修行を通した山本さんの生の声は、漁師や漁業に興味のある人には大変参考になります。


 今回行うフェア3会場の概要は以下の通りです。参加費無料/事前の参加申し込み不要/履歴書不要/服装自由/入退場自由なフェアです。多くの方の来場をおまちしています。

■漁師の仕事!まるごとイベント「漁業就業支援フェア 東京、大阪、福岡」
 5月から6月にかけ、3都市で行う漁業就業支援フェア会場には、新人漁師受入れ意向を持つ漁協・漁業会社がブースを出展します。来場者は直接この出展団体ブース(出展団体数・ブース数は会場により異なります)を訪問し、個別に相談(面談)できます。個別相談(面談)の結果を基に、フェア終了後、出展団体の研修候補生に採用されるケースもあります。
 その他、専門の相談員に漁業全般のわからないことや就業する上での不安・悩みなどを相談できる「総合相談ブース」、セミナー形式で漁業全般について紹介する「ガイダンスコーナー」などを設けます。漁師を目指す人には、まさに第一歩を踏み出すチャンスの場です。また、漁業に興味を持ち始めたばかりの人は、漁業全般のことや漁業種類の違い、仕事内容など、漁業就業に関する様々な情報を得ることができます。自身の立場や状況にあわせて、会場を自由に回り、情報収集できるフェアです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング