TOEFL iBT(R)テストの導入教育機関数、全世界で9,000機関を突破

PR TIMES / 2013年9月4日 9時42分

米国ニュージャージー州プリンストン発(2013年9月4日) -- 米国の非営利教育団体でTOEFL(R) テスト作成団体であるEducational Testing Service(本部:米国ニュージャージー州、以下ETS)は、 本日、TOEFL iBT(R)テストを利用する大学や高等教育機関の数が全世界で9,000機関を突破したことを発表いたしました。TOEFL iBTテストを英語運用能力テストとして導入した大学や高等教育機関の数は、世界最大規模となります。

オーストラリア アデレード大学 インターナショナル・オフィス ディレクターのジョアン・バーカー(Joanne Barker)氏は、「TOEFLテストは、学生の英語運用能力の審査において私たちが非常に 高い信頼をおいている秀でたツールです。TOEFLテストの強みはリスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの4つの技術の組み合わせであり、英語能力の習熟度を測定する信頼できる指標ととらえています」と述べています。

TOEFLテストは、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、英国をはじめ、アジアやヨーロッパなど130ヵ国以上の大学や大学院への入学審査の際に利用されるテストです。TOEFLテストのスコアを導入している9,000以上の教育機関の一覧、ならびに必要スコアの情報は、TOEFLテストの オフィシャルウェブサイト TOEFL Go Anywhereウェブサイト(www.TOEFLGoAnywhere.org/asu-advanced-search)(英語)で参照することができます。

最近TOEFL iBTテストを導入した大学・大学院にはオーストラリアのトップスクールで構成された大学群「グループ8」、英国を代表する大学で構成される「ラッセル・グループ」、U.S. News & World Report誌が発表した2013年版米国内の大学ランキングのトップ100校が含まれます。

米国 カーネギーメロン大学 入学事務局のディレクター マイケル・スタイデル(Michael Steidel)氏は、「カーネギーメロン大学には非常に多くの英語を母語としない学生が在籍しており、入学希望者の英語運用能力と、アカデミックコミュニティへの準備度を評価するツールとして非常に重宝しています。学生は入学後キャンパス内外で様々な課題に直面すると思いますが、TOEFLテストの利用によりそれら課題に柔軟に対処できる英語力を持ち合わせていると確信しています。カーネギーメロン大学では、TOEFLテストは年々重要な存在になっており、パートナーシップに感謝しています」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング