パソナ農援隊 『新規就農者・企業育成講座』を1月より開始

PR TIMES / 2013年12月18日 12時31分

-新規就農希望者、農業法人参入を目指す企業を育てる-

農業分野での人材育成事業等を展開する株式会社パソナ農援隊(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 田中康輔、www.pasona-nouentai.co.jp)は、新規就農を目指す方々と、農業法人としての企業参入を目指す法人を対象にした『新規就農者・企業育成講座』を2014年1月から開講いたします。
新規就農を目指す個人の方々を対象にした「就農基礎力コース」を1月8日(水)、農業法人として参入を目指す企業を対象にした「個別コンサルティングコース」を1月18日(土)から開始いたします。



パソナグループでは、2003年から農業分野での雇用創出を目指して新規就農者や農業経営者を育成しており、これまで13,000名以上の農業人材を育成してまいりました。またパソナ農援隊では、今年8月から農業をビジネスとして成立させ、地域振興・成長産業に繋がることのできる農業人材育成事業「アグリベンチャー大学校」を2013年8月から開始しております。
そしてこの度、パソナ農援隊ではアグリベンチャー大学校の新たな講座として「新規就農者・企業育成講座」を1月より開始いたします。


同講座は2つのコースに分かれており、新規就農を目指す個人の方を対象にした「就農基礎力コース」では、就農に必要な知識として、作型、土壌、肥料等の基礎知識、品目選定のポイント、生産コスト管理、就農までの流れを座学、農場視察や農作業体験を通じて学びます。
農業生産法人としての参入を目指す企業を対象にした「個別コンサルティングコース」では、法人として農業参入する上で必要となる農業生産の基本的な知識とともに、事業展開の上で欠かせない販売戦略や労務管理、資材調達などについて実践的な講義を行います。また企業ごとに、農業参入計画に関する個別相談会を実施いたします。
今後パソナ農援隊では、新規就農をされたばかりの方、経営不振に悩む農業経営者を対象にした専用のコースを設けることを検討しており、農業をビジネスとして実践できる農業経営者の育成に務めてまいります


◆「新規就農者・企業育成講座」概要

名  称 :アグリベンチャー大学校“アグリベンチャーコース”新規就農者・企業育成講座

コース  :1.『就農基礎力コース』(計40時間)
      就農に必要な知識として、栽培計画や土壌、肥料等の基礎知識、品目選定のポイント、生産コスト管理、就農までの
      流れを座学、農場視察や農作業体験を通じて学び、自分自身の「就農計画書」を作ること目的に学ぶ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング