『ハーパーズ バザー』US版、Hottest Fashion Magazineに選出

PR TIMES / 2013年12月6日 17時38分

~米広告業界誌アドウィーク発表の “Hot List 2013”~

アメリカの広告業界誌『Adweek(アドウィーク)』がHot List 2013を発表し、ハーストマガジン社(本社:米国・ニューヨーク、社長:デイヴィッド・キャリー)が発行する『ハーパーズ バザー』US版が、「Hottest Fashion Magazine」に選出されました。



今年の『ハーパーズ バザー』US版は、146年の歴史の中で、最も好調な1年を終えようとしています。2012年3月からブランドのポジショニングを見直し、19号連続で成長を続け、2013年は広告ページが約13%伸長。ファッション誌で最高の伸びを示しました。また、エディターが商品のキュレーションを行うEコマースサイト「ShopBAZAAR(http://shop.harpersbazaar.com/)」もデザイン・リニューアルを行い、マルチ・チャンネルで『ハーパーズ バザー』を体験できる形に進化しています。


日本では、知性も感性も磨くファビュラスな大人の女性に向けたモードマガジンとして、今年の9月20日(金)に創刊。次号は2014年1月20日(月)に発売され、隔月刊となります。第2号目の『ハーパーズ バザー』日本版の概要は下記の通りです。


■ 『ハーパーズ バザー』US版にてデビューを果たした早熟の天才フォトグラファー、リチャード・アヴェドン。エポックメイキングなモデルフォトの数々、そしてオードリー・ヘップバーンとの深い絆をたっぷりと紹介。

■ 1982年のデビュー以来、常に“クイーン・オブ・ポップ”として輝き続けるマドンナ。ニュースサイトでも話題となった彼女自身による独白を、全文掲載。

■ ファッションではリゾート&クルーズコレクション、注目のシューズ&バッグを『ハーパーズ バザー』ならではの切り口で紹介。


『アドウィーク』が発表したHot List 2013では、他にもハーストマガジン社が発行する雑誌が各種カテゴリーで選出されています。「Editor of the Year」は『コスモポリタン』編集長のジョアンナ・コールズ、「Hottest Magazine of the Year」は『コスモポリタン』、「Hottest Men’s Magazine」には『エスクァイア』が選ばれました。


<『ハーパーズ バザー』について>
『ハーパーズ バザー』は、1867年に米国ニューヨークで誕生した米国初のファッション誌です。
日本版を含め、29カ国で出版され、45カ国で流通しています。先進的なスタイリスト、クリエイティブなフォトグラファー、才能あふれるデザイナーを取り上げ、世界のファッション・オーソリティであるだけでなく、アートシーンにも数々の足跡を残してきました。時を超えて世界各地の女性に愛されている雑誌です。
ホームページ:http://harpersbazaar.jp/ | フェイスブック: https://www.facebook.com/HarpersBazaarJapan
Eコマース ShopBAZAAR:http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/shops/women/1309harpersbazaar/index.jsp


<ハースト婦人画報社について>
株式会社ハースト婦人画報社は、日本、アメリカ、フランスの多角的なDNAを持つメディア企業です。1905年創刊の『婦人画報』をはじめ、『エル・ジャポン』、『ヴァンサンカン』などの女性誌、男性誌の『メンズクラブ』、そして各種インテリア、フード、ウエディングなどのライフスタイル誌を発行しています。また、「エル・オンライン」などのメディアサイトや「エル・ショップ」 などのEコマースも手掛けています。さらに、経験豊かな編集者を活かし、書籍の発行や企業出版にも積極的に取り組んでいます。 
ホームページ:http://www.hearst.co.jp/ | ツイッター: https://twitter.com/HFujingaho

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング