国際化と国際競争力を強化をする東京大学 オグルヴィが、オフィシャルプロモーションビデオ制作を担当

PR TIMES / 2014年5月14日 18時12分

東京大学が、2014年4月にオフィシャルプロモーションビデオ “Explorer” を公開。
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンが制作に携わりました。



1993年3月東京大学工学部航空学科卒、日本人2人目の女性宇宙飛行士である山崎直子氏の物語に始まる東京大学のオフィシャルプロモーションビデオ“Explorer”は、山崎氏が東京大学に足を踏み入れたその瞬間から、地上に降り立つまでを表現しています。山崎氏の数々の想い出を通し、彼女が得た様々な教訓、経験、生涯忘れられぬ宇宙旅行で発見したすべてに触れていきます。

山崎氏の伝記映画風に制作されたこのプロモーションビデオ“Explorer”は、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン(以下「OMJ」)が手掛けました。世界をリードする大学によって育てられた、卓越した才能を持つ人材にスポットをあて、次の世代の意欲をかき立てます。

“Explorer”は、プリント、ポスター、デジタル等の幅広いメディアを使って展開されるキャンペーンの一環として制作され、2014年4月にローンチされました。世界各国の優秀な人材に対し、グローバルに東京大学をプロモーションしていきます。

OMJチーフ・クリエイティブ・オフィサーのアジャブ・サムライは、制作に携わった思いを次のように述べています。「日本人で2人目の女性宇宙飛行士となった山崎直子氏は、東京大学から宇宙への旅をスタートさせ、やがて大地の束縛、すなわち引力から離れるという経験をしました。彼女は我々に多くのインスピレーションを与えてくれています。同じくらいにインスパイアリングなフィルムで、彼女の業績を映像として表現したいと考えました。」

また、OMJグループ代表の久保は、「東京大学は日本ではトップブランドを誇る大学ですが、残念がながら、グローバルマーケットではまだあまり知られていないのが実情です。このユニークなキャンペーンが、東大ブランドの認知、理解の一助となることを願っています。」と述べています。

キャンペーン名: Explorer
YouTube:  http://youtu.be/O7XBDYy8Eew


<スタッフリスト>
広告会社: オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン
クライアント: 東京大学本部広報課
アカウント・ディレクター: 大沢由佳理/下村愛
チーフ・クリエイティブ・オフィサー: アジャブ・サムライ
クリエイティブ・ディレクター: リカルド・アドルフォ/フェデリコ・ガルシア
アート・ディレクター: 森内憲司
コピーライター: リカルド・アドルフォ/フェデリコ・ガルシア
プロダクション: AOI Pro.
ディレクター: 伊東玄己
プロデュ―サー: 山本愛/ 吉原鉄兵/橋本鉄平/
プロダクション・マネジャー: 酒井康輔
撮影監督: 谷詩文
サウンド・デザイン: JKD collective
エディター: 雨宮 信二
編集: 株式会社IMAGICA

Ogilvy & Mather(オグルヴィ・アンド・メイザー)について
オグルヴィ・アンド・メイザーは、世界大手マーケティング・コミュニケーション会社の一つ。126カ国500以上のオフィス・ネットワークを介し、フォーチュン・グローバル500社だけではなく、地元企業にもサービスを提供。2013年には、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルにおいて、新記録となる155個のライオン、2年連続で「ネットワーク・オブ・ザ・イヤー」を受賞、エフィー・グローバル・イフェクティブネス・インデックスにおいては「最も効果的なエージェンシー・ネットワーク」に選ばれた。

Ogilvy & Mather Japan Group(オグルヴィ・アンド・メイザ-・ジャパン・グループ)について
オグルヴィ・アンド・メイザー・ワールドワイドの100%子会社として1995年に設立。日本での新しいポジショニング ’Ask Ogilvy’ はクライアントの信頼できるパートナーとして、マーケティング・コミュニケーションにおける課題解決を新鮮な観点で実践することを約束。360°のブランディング活動を提供するオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン・グループには、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン、オグルヴィ・ワン・ジャパン、オグルヴィ・パブリック・リレーションズ・ワールドワイド・ジャパン、ネオ・アット・オグルヴィ、ジオメトリー・グローバル・ジャパン、レッド・ワークス・ジャパンがある。

東京大学について
日本最初の国立大学である東京大学は、1877年4月に東京開成学校と東京医学校を合併し創設された。人文学と社会科学と自然科学にわたる広範な学問分野において知の発展に努め、世界最高水準の研究と充実した教養教育とを基盤として、多様で質の高い専門教育を学部と大学院において展開し、日本のみならず世界各地からも多くの学生を集めて、世界的教育研究拠点の役割を果たす。同時に、大学と社会とが連携して課題を発見・共有し、その解決を図るための科学技術の共創および本学における創造研究の成果の社会実装を通じて、社会へのイノベーションに繋がる様々な産学連携活動を積極的に推進している。
http://www.u-tokyo.ac.jp/en/

###

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング