「つくば」初!一棟丸ごとリノベーション分譲マンション。豊かな自然と知的な都市環境が調和する学園都市「つくば」で子育て世帯にも最適な地域に根差した「サステイナブルで賢い住まいの選択肢」を提案【リビタ】

PR TIMES / 2014年5月16日 10時0分

~「リアージュつくば春日」販売開始、3つのモデルルーム公開中~

 株式会社リビタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南佳孝)は、2017年までに国家公務員社宅の大量廃止が決定した「つくば」エリアにおいて、専有面積99m2 中心の元大手企業社宅を買取り、「つくば」エリア初となる一棟丸ごとリノベーション分譲マンション「リアージュつくば春日」(以下:本プロジェクト)として再生、3つのモデルルームを公開、販売を開始する運びとなりました。また、本プロジェクトは、平成25年度の「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に補助採択されました。www.re-tsukuba.jp/



「リアージュつくば春日」とは

 本プロジェクトは、豊かな自然と知的な都市環境が調和する学園都市「つくば」の中でも、街の開発期に建てられた良好なエリアに立地。元大手企業社宅、大手ゼネコン設計施工の地上14階建・全戸南向き、内廊下設計・総戸数54戸の築23年の優良な既存建物を、第三者機関による建物調査・診断の上、大規模修繕・バリューアップ工事を実施します。

 周辺の新築マンションよりも約2割程度安い価格帯(3500万円台中心)で、専有面積99m2 台を中心に最大120m2 台の住戸の内装は各々のライフスタイルや好みに応じた間取りや仕様・インテリアの選定からフルオーダーまで、こだわりに合わせた理想の住まいづくりが可能です。


また、建物はもちろんのこと、本プロジェクトの特長のひとつである空地率80%程ある敷地、その余白を活かした緑豊かなランドスケープデザインや地下スペースも含めてリノベーション。生活機能や価値の向上を図る単なる設備・機器の導入によるハード面の改修に留まらず、そこに暮らす家族や住民同士の語らい、地域や街とのつながり・コミュニケーションを誘発する場づくり、真に心地よい生活風景の創出を目指します。ひいては文化や歴史などのまちの文脈を継承し、多世代に渡り、無理をせずに快適で豊かな暮らしを目指す「サステイナブルで賢い住まいの新たな選択肢」を提案します。また、小・中一貫の教育方針を採り入れた先進の教育環境を実践する「つくば」エリアの中でも施設一体型の特徴がある「春日小・中学校」学区にあたり、子育て世帯にも最適な商品企画を提案します。

 当社では優良な既存建物を活かした一棟丸ごとリノベーション分譲マンションを一都三県地方大都市圏中心に30棟・950戸(2014年3月時点)を企画、供給してまいりました。本プロジェクトは茨城県、「つくば」エリア初の取り組みとなり、また当社実績31棟目となるプロジェクトです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング