佐藤真海氏が第三回「スピーカー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞

PR TIMES / 2014年11月2日 11時43分

トーストマスターズ・インターナショナル日本支部(代表:渡邉久)は、2020年オリンピック&パラリンピック招致委員会のプレゼンターとして、国際オリンピック委員会評価委員会の現地評価プレゼンテーションにおいて、力強く、かつ聴衆の心に響くスピーチをされたパラリンピアンの佐藤真海氏に第三回スピーカー・オブ・ザ・イヤー賞(正式名称:コミュニケーション・リーダーシップ賞)を贈呈しました。贈呈式の模様は、11月15日(土)に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されるトーストマスターズ・ディストリクト76秋季大会の中で一般公開します。 



佐藤真海氏は病気により右脚を失いながらも、強い情熱により陸上競技を続けられ、遂には3つのパラリンピック(アテネ、北京、ロンドン)に出場にていずれも入賞という快挙を成し遂げられました。佐藤真海氏の活動は選手としてのみに留まらず、御自身の経験された逆境、それを乗り越えてきた経験を活かして障害者スポーツの理解と支援を広げる活動に積極的に取り組まれており、その前向きな姿勢、そしてご自身を支援してくれる多くの人々への感謝を忘れない心の在り方は、当団体の目指すリーダーシップのひとつの理想の在り方といえます。

また、佐藤真海氏が東京オリンピック招致の際にされたスピーチは、ご自身の経験、想い、伝えたいメッセージが凝縮されたもので正にトーストマスターズの目指すスピーチのロールモデルとも言え、受賞理由となりました。

贈呈式の模様は、11月15日土曜日に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されるトーストマスターズ秋季全国大会の中で映像で公開します。トーストマスターズ秋季全国大会では、当日の一般来場者の観覧も受け付けます。一般来場者も観覧できます。

トーストマスターズ・インターナショナルは、スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界126カ国に31万人の会員が参加しています。今回、佐藤真海様を表彰するのはトーストマスターズ・インターナショナルの日本支部です。

◎トーストマスターズ・インターナショナルについて
1924年にカリフォルニアで創設されたスピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界126カ国に31万人の会員が参加しています。日本では1954年に東京に最初のクラブが誕生し、現在全国に158の公認クラブがあり、約4,000人の会員が研鑽を積んでおります。日本支部代表は渡邉久です。
国際本部Webサイト(英語):http://www.toastmasters.org/ 日本支部Webサイト(日本語):http://www.district76.org/ja/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング