2014年2月の世界新車販売台数は年率換算で8,630万台-グローバル新車市場トレンド

PR TIMES / 2014年3月18日 10時30分

英LMC社、2014年2月の世界自動車販売台数を発表

・英調査会社LMC Automotiveが発表した2014年2月のグローバル・ライトビークル(乗用車・小型商用車を指す。中大型商用車を除く)市場は、前年同月比で約6%増、季節調整済み年率換算では8,630万台/年の販売となった。年率換算の販売は少しスローダウンしたが、それでも歴史的にみれば高水準である。
・最近の自動車市場の話題は概して同じである:中国における市場拡大、欧州の緩やかな回復、日本の増税前の駆け込み需要、米国の堅調だが悪天候の影響を受けた販売という話題が続いている。LMC Automotiveは、2014年にグローバルライトビークル販売は4%拡大するという見通しを維持するが、新興市場のリスクは注意深く見守る必要がある。



北米

・2月の米国ライトビークル販売は、北極からの寒波が次々と押し寄せる悪天候のせいで需要が抑えられ、前年同月並みとなった。今後数カ月の販売は悪天候で抑えられていた需要が回復し、市場の正常化プロセスが進むと予想される。この予測に対する主な下振れ要因は、米国経済が予想よりも低成長になるかもしれないというリスクである。
・カナダの販売は、季節調整済み年率換算販売が168万台/年と冷え込み、170万台/年を下回った。米国同様に悪天候が影響している可能性が高い。

欧州

・2月の欧州市場の季節調整済み年率換算の販売は、1,320万台/年とゆっくりとしたペースで着実に回復しつつある。何カ国かの例外を除けばほとんどの市場は改善しつつあるが、今この段階では、近い将来に急速に回復するようなことは起こりそうにない。とはいうものの、LMC Automotiveは、市場の拡大が継続し、2014年の欧州では3~4%の範囲で販売が増加すると予測している。
・中欧と東欧の販売は、ウクライナの不安定な状況があるにもかかわらず、堅調なままであった。しかしながら、市場ごとに好不調のばらつきが大きい。トルコの短期見通しは、2月のライトビークル販売は27%減となったことで示されるように、特に軟調である。対照的に、ロシア市場は、季節調整済み年率換算の販売が300万台/年超となったのは若干驚きであった。

中国

・速報値によれば、春節の休みを調整した2月の年率換算の販売は2,300万台/年弱となった。2013年12月に史上最高の季節調整済み年率換算販売2,480万台/年を記録した後、いくらか勢いが弱まったように見える。しかし、2014年が始まったばかりで、販売トレンドを正確に予測するのは難しい。
・政府は2014年のGDP成長率目標を7.5%と発表したが、大気汚染を減少させることと国内で増大する債務にも立ち向かうことを約束した。こうした政策は、自動車販売の規制が大都市の大半にまで広がることを意味している。しかし、中小の都市や内陸地域の販売は中国政府の個人消費を増大させる計画に支えられるだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング