インターナショナルSOS:拡大する中東呼吸器症候群コロナウィルス(MERS-CoV) 感染回避のための企業向けサポート

PR TIMES / 2014年5月12日 12時32分

インターナショナルSOSは、現在拡大傾向にある中東呼吸器症候群コロナウィルス(MERS-Cov)の感染回避のためにメンバーシップを保有する企業に向けてアドバイスを行っています。





世界中27箇所に拠点を置くインターナショナルSOSのアシスタンスセンターのうち、ドバイセンターではこの2週間で受けた電話の5%が コロナウィルスに関する情報を求める内容で、多くは、コロナウイルスの最善な感染予防について具体的な情報を求めるものでした。

インターナショナルSOSジャパン メディカル・ディレクターである安藤裕一医学博士は次のように語っています。

『2014年4月に発生したコロナウィルスの急増に従い発生地域に居住する駐在員や出張者への注意義務を満たすため必要な感染予防策を進めている企業が増加しています。

現時点ではコロナウィルスはヒトからヒトへ簡単には感染しないというのが当局の見解です。しかしインターナショナルSOSのメンバーシップを保有する企業は爆発的な流行に備えた事業継続プランとパンデミック対策プランを積極的に検討しています。

当初「新型コロナウイルス」と呼ばれた中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)のヒトへの感染は2012年に初めて報告されました。このウイルスは、重症急性呼吸器症候群(SARS)と同じコロナウイルス属に属しています。患者のほとんどは中東から発生しており、ラクダからの感染が示唆されています。このウイルスに直接作用する治療薬も有効なワクチンも現時点では開発されていません。

インターナショナルSOSは、世界各国で発生する感染の状況を毎日確認しており、また最新のテクノロジーを駆使して発生地域にいる企業の社員の人数をモニターすることにより最新の情報を必要とする方々に有効な情報の提供を行っています。』

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング